ヒイカ釣りにおすすめのエサと仕掛け、エギもご紹介

スポンサーリンク
ヒイカの仕掛けやエギ釣り初心者

どうも!でら釣りのはくです。

今回はヒイカ釣りにおすすめのエサと仕掛け、エギをご紹介します。

 

冬の風物詩と言えば、ヒイカです。

都市部からも近い場所で釣れる手軽な釣りです。

 

毎年、冬に大人気の釣りでもあります。

そんなヒイカ釣りの定番エサや仕掛け、エギをご紹介させていただきます。

ヒイカ 定番の釣り方

・エサ釣り ウキ釣りかちょい投げ
・エギング

この2種類です。

両方を準備しておくと、どちらでも遊べて楽しいです。

ヒイカ エギのおすすめ

・ヤマシタ ナオリー 1.5号 1.8号
・ヨーズリ アオリ―Q 1.5号 1.8号
・ヨーズリ アオリ―Q ヒイカSP 1.5号 1.8号

ヒイカのエギでおすすめは、この3つです。

カラーは、夜行(グロー)カラーが必須です。

 

大きさは、ヒイカのサイズに合わせます。

10㎝より大きいなら1.8号、小さいなら1.5号を使い分けます。

 

ヤマシタのナオリーは凄く種類があるので、まずはB(ベーシック)をおすすめします。

2015年にヤマシタもヒイカSPを出していましたが、廃盤となっています。

 

めちゃくちゃ釣れる凄いエギでした。

ヒイカ 仕掛けのおすすめ

・ヤマシタ カン付チビイカ仕掛 SB Sサイズ

この仕掛けが一番釣れます。

SサイズとMサイズがありますが、SサイズでOKです。

 

FBとSBの2種類ありますが、必要なのはSBです。

よく間違えるのでご注意ください。

ヒイカ エサのおすすめ

・生きたモエビ

これが、ヒイカ最強のエサです。

これ以外はいりません。

 

エビを生かすためにも酸素ポンプは必須です。

ヒイカ エサ釣りかエギングかどっちがおすすめなのか?

・数を狙うならエサ釣りがおすすめです。
・手軽なのが良いなら、エギングがおすすめです。

どちらも簡単に釣れます。

エサ釣りは、装備品が多くなりますが数が釣れます。

 

エギングは、手軽ですがエサよりは難しいです。

しかし、ヒイカは居たら釣れる簡単な釣りなので、お好みで構いません。

 

両方やるのも楽しいのでおすすめです。

ヒイカに投光器やライトは必要か?

・あった方が良い、なくてもOKです。

投光器がなくても、街灯や漁港のライトなどにヒイカは寄ってきます。

そこで釣ればヒイカは釣れます。

ヒイカは夜の方が釣れるのか?

・ヒイカは夜行性なので、夕方~明け方までの夜中が釣れます。

ヒイカ以外のイカも同じ夜行性なので、夜に狙う方が釣れます。

ヒイカに大潮や満潮は関係あるのか?

・ありません。

ヒイカは居たら釣れます。

昼間は底にいて、夜になると表層まで浮いてきます。

ヒイカ釣りにおすすめのエサと仕掛け、エギ まとめ

・エサ釣りは、ヤマシタのカン付チビイカ仕掛SB Sサイズと生きたモエビで釣れます。
・エギングは、ナオリーかアオリ―Qの1.5号と1.8号でOK。

これで、ヒイカ釣りの仕掛けやエギはバッチリです。

ヒイカ釣りは、居たら釣れる簡単な釣りです。

 

初心者の方からベテランの方まで楽しめます。

釣って楽しい食べて美味しいヒイカ釣りを是非一度、やってみて下さい。

 

ヒイカの生態や習性、産卵についてはこちら↓

ヒイカの生態と習性、産卵 ヒイカは冬の風物詩
どうも!でら釣りのはくです。 今回はヒイカの生態と習性、産卵をご紹介します。 ヒイカは11月~2月まで岸から釣れる小さいイカです。 所謂、冬の風物詩です。 釣り人からすると、冬=ヒイカと言った感じです...

もっと詳しいヒイカの釣り方や釣れる時期はこちら↓

ヒイカの釣り方と釣れる時期 冬の風物詩を釣って食べる。
どうも!でら釣りのはくです。 今回はヒイカの釣り方と釣れる時期をご紹介いたします。 ヒイカは、釣って楽しい、食べて美味しい魚です。 しかも、身近な場所で手軽に行けて、誰でも簡単に釣れる最高の魚です。 ...

実際に釣ってきました↓

1月のヒイカ釣りで名古屋港へ行ってきました。実は昼間も釣りに行ってました。
どうも!でら釣りのはくです。 新年早々、ヒイカ釣りへ名古屋港に行ってきました。 おつまみを確保しに行きました。笑 しかし、相変わらず渋かったです。 もう、ヒイカは終わったのかな。 最後の爆釣モー...