ルアーのアクションを変える方法11選

スポンサーリンク
ルアーのアクションを変える方法11選釣り初心者

どうも!でら釣りのはくです。

今回はルアーのアクションを変える方法11選をご紹介いたします。

 

ルアーは色んな動きがあります。

しかし、自分の思った通りの動きが出せないこともあります。

・ルアーの動きをもっと大きくしたい。
・ルアーの動きをもっと小さくしたい。
・ルアーをもっと深くまで潜らせたい。
・ルアーをもっと浅い水深で泳がせたい。

これらを全て解決します。

それでは、ざっくりとご紹介させていただきます。

フックを小さくする。

リアフック
画像は同じクランクベイトのリアフックです。
左が大きく、右が小さくなっています。
・激しく動くようになります。

ルアーの動きのキレが増します。

リアフックのサイズを大きくする。

リアフック
・大きくお尻を振り、ゆったりした動きになります。

小さくキビキビ泳いでいたルアーが、ドカドカと大きな動きになります。

スプリットリングとスナップを同時に使う。

スナップとスプリットリング
画像は、スプリットリングにスナップを付けている物です。
・動きが全体的に大人しくなります。

泳ぎすぎて暴れる時は、大人しくするのも有りです。

オモリを追加する。

・1g程度で十分。1gの貼るオモリを何個か持っておくと便利です。
・フローティングルアーをサスペンドやシンキングにすることが出来ます。
・フローティングミノーの浮き姿勢を水平かやや頭上がりにするとウェイクベイトになる。
・ミノーやジャークベイトを頭下がりにするとジャークしたときの移動距離が短くなる。
・トップウォーターを尻下がりにすると移動距離が短くなり、色んなアクションがし易くなる。

ルアーは、オモリの貼る位置と貼る数によって、色んなアクションが出せます。

例えば、コットンコーデルのジョインテッドレッドフィンは、胴体の真ん中にオモリを貼ると水面直下をモゾモゾと泳ぐウェイクベイトになります。

固定重心にする。

重心移動
・移動重心ルアーのボディに穴を開けて、ウェイトを固定する。

アメリカのバスプロが、クランクベイトやジャークベイトにやっているカスタムです。

リップを削る。

・ルアーの潜る深さが浅くなります。
・ルアーが泳がなくなることもあります。

これも、アメリカのバスプロたちがやっているカスタムのひとつです。

ラウンドリップのクランクベイトをスクエアリップにすることも可能です。

 

障害物に当たった時、大きく弾かれるような動きになります。

リップを削り過ぎるとルアーが泳がなくなることもあるので、ご注意ください。

ブレードの数を減らす。または小さくする。

ブレード
画像は、同じスピナーベイトです。
違いは、トレーディングブレード(後ろのブレード)です。
・深い水深を泳ぐようになります。

水の抵抗を小さくすると、ルアーの泳ぎ自体も小さくなります。

ブレードを大きくする。

ブレード
・より目立つようになります。
・浅い水深を泳ぐようになります。

アメリカのバスプロであるローランドマーティンさんが、大好きなスピナーベイトのカスタムです。

あのレジェンドがやっているカスタムです。

ブレードを凹ませる。

・スピナーベイトなどのブレードの真ん中を少し指で押して凹ませると、ブレードの回転が大きくなります。

コロラドブレードでやると効果的です。

ウィローリーフでは、効果が薄いです。

ブレードをコロラドに変える。

コロラドとウィローリーフ
画像は、まったく同じテールスピナーです。
違いは、ブレードだけです。
上がウィローリーフブレード、下がコロラドブレードが2枚付いています。
・動きの振動が大きくなります。
・沈む速度がゆっくりになります。
・沈む姿勢は、ブレードを回転させながら底へ沈むようになります。
・泳ぐ深さは浅くなります。

コロラドブレードに交換すると振動が大きくなるのが特徴です。

ブレードをウィローリーフに変える。

コロラドとウィローリーフ
・動きの振動が小さくなります。
・キラキラと目立つようになります。
・沈む速度が早くになります。
・沈む姿勢は、ユラユラと不規則に沈むようになります。
・泳ぐ深さは深くなります。

ウィローリーフに交換すると、視覚的に目立つようになります。

ルアーのアクションを変える方法11選 まとめ

・ロッドやリール、ラインを変えてもルアーの動きは変わる。
・ルアーのアクションを変える方法は。他にもたくさんある。

ルアーのアクションは、そのまま釣果に影響します。

色んなアクションを出せた方が、釣れる確率は高くなります。

 

しかし、弄り過ぎると全く泳がなくなることもあるので、ご注意ください。

もしルアーをカスタムする時は、少しずつやるのがコツです。

 

自分で考えて工夫したルアーで魚を釣った時は、嬉しいものです。

これも釣りの醍醐味のひとつかもしれません。

 

ここまで、お読み頂きありがとうございます。

それでは、よいフィッシングライフを!

 

FLW第1戦サムレーバーンでカスタムしたルアーで優勝↓

FLW SamRayburn Day5 2020年 第一戦優勝者インタビュー
どうも!でら釣りのはくです。 今回はFLWサムレーバーン戦の優勝者インタビューをご紹介いたします。 実は、FLWサムレーバーン5日目というのがあります。 これは、優勝者と釣りをしながら記者がインタビューするという形...

FLW第2戦ハリスチェーンの優勝ルアーはこちら↓

FLWハリス湖 2020年第2戦目の優勝ルアー
どうも!でら釣りのはくです。 今回はFLWハリス湖の優勝ルアーをご紹介いたします。 いや~先日の試合は凄かったです。 最後の最後でどんでん返しが起きました。 その奇跡を起こしたルアーたちをご紹介いたし...

FLW第3選レイクマーティンの優勝ルアーはこちら↓

FLW マーティン湖 2020年 第3戦 優勝ルアー
どうも!でら釣りのはくです。 FLWマーティン湖2020年第3戦の優勝ルアーをご紹介いたします。 プリのバスを※スイムベイトで釣るのは定番の釣り方です。 それで、リミットメイクのキッカーとデカバスを釣りました。 ...