PEのライントラブルをなくす方法 おススメ11選

スポンサーリンク
PEのライントラブルをなくす方法11釣具・ウェア

どうも!でら釣りのはくです!

今回はPEのライントラブルをなくす方法 おススメ11選をご紹介します。

 

PEラインは上級者向けのラインと言われています。

・扱い辛さ。
・結び方の難しさ。

この2つが大きな原因です。

 

実際に、PEラインを使うと

・ラインがすぐに絡まる。

バックラッシュする。

投げたら切れた。

結んだのにすっぽ抜けた。

とにかく使い辛い。

PEラインをストレスなく使いたい!

そんな方におススメの内容です。

 

おススメの対処法が11個あります。

私が実践して本当に効果のあったものだけをご紹介します。

 

スピニングリールにもバックラッシュはあります。

ベイトリールと原因は同じです。

バックラッシュの原因と対処法はこちら↓

ベイトリールのバックラッシュ基本の直し方
ベイトリールはバス釣りや船釣りでなくてはならない存在です。 最近では、ロックフィッシュやジギング、シーバスにイカメタル、ボートアジングなど様々な分野でベイトリールの有用性が認められ広く使われてるようになっています。 しか...

PEラインの儀式

釣りをする前にラインに必ず水を吸わせます。

それから、釣りを始めます。

 

水を吸わせることでラインが締まります。

PEライン特有のふわっとした感じがなくなり扱い易くなります。

感覚的にナイロンラインやフロロカーボンラインに近くなります。

 

やり方は簡単です。

釣り場に着いたら、軽く手前に投げてラインを多めに出します。

30秒ほどしっかりラインを水に付けてから、ラインを張って巻き取ります。

次は、いつもの投げ方で投げます。

この時も同じようにラインを水に付けます。

最後に、全力で投げます。

この時もラインを水に付けます。

これでOKです!

 

この一連の動作を『儀式』と呼んでいます。

これで、かなりライントラブルがなくなります。

釣りをしていて効果を実感するほどです。

リールの糸巻量

リールに巻くラインの量を減らします。

カタログに書いてある数値よりも10%~20%減らします。

これで絡む原因となる余分なラインが出にくくなります。

リールのテーパー

スプールを横から見た時のラインの巻いた状態をテーパーと言います。

リールのテーパーには3つあります。

順テーパー

上が細く下が太い状態です。

八の字型またはピラミッド型になっています。

 

これはライントラブルの多いテーパーです。

もし、リールがこの状態なら買った時についてきたスペーサーで調整が可能です。

正テーパー

綺麗に平行に巻かれている状態です。

シマノのリールは正テーパーです。

 

どのラインでも、これが一番安定して使い易い状態です。

一番おススメできるテーパーです。

逆テーパー

上が太く下が細い状態です。

ダイワは逆テーパーです。

 

こちらは、順テーパーよりはライントラブルが少ないです。

しかし、ラインが上に寄っているので勝手に出たりすることがあります。

 

癖のあるテーパーです。

こちらもスペーサーで調整が可能です。

フェザーリング

スピニングリールでキャストした後に必ずブレーキを掛けます。

ロッドを持っている利き手の人差し指でリールのリムを抑えてブレーキを掛けます。

これをフェザーリングと言います。

 

もう一つのやり方があります。

ロッドを持っていない方の手でスプールを直接押さえてブレーキを掛けます。

どちらのやり方でもOKです!

 

これは、ベイトリールの親指でブレーキを掛けるサミングと同じテクニックです。

これで余分なラインを出さないようにします。

ラインが弛む分だけライントラブルが多くなります。

ラインテンション

ルアーを巻く時に必ずラインを張った状態にします。

この時にユルユルのままだと一気にライントラブルの嵐です!

 

PEラインは常にラインを張っていれば大丈夫です!

ライントラブルはありません!

コーティング剤はダメ!絶対!

これだけはおススメできません!

絶対に使ってはいけません。

使わないことがライントラブルを避ける方法です。

 

確かにラインの滑りは良くなります。

しかし、釣り2回分~3回分だけです。

一番のデメリットは、ラインが極端に弱くなることです。

 

昔、私が有名なコーティングスプレーを使っていた時です。

そのスプレーは、4回目~5回目の釣行でもPEラインが全く色落ちしませんでした。

『おお、良いな!』

と思ったのも束の間、ラインを軽く引っ張っただけで切れました。

 

ラインにキズでも入っていたのかと思い、何度も試しましたが全部切れました。

いつもなら、8回目~10回目の釣行でラインを交換するのでラインの問題ではありません。

結局、スプレーを使い始めたのが原因でした。

 

その後、スプレーをやめてラインを巻き直すと、いつも通りの使い心地に戻りました。

それ以来、スプレーは使ってません。

 

そのスプレーは今でも売っています。

お気を付けください。

釣り具屋さんでラインスプレーを勧めてきたら要注意です。

PEラインのおススメの結び方

トラブルを無くすには結び目が小さい方が良いです。

結び目が大きいとロッドのガイドやリールに巻かれるときに下や上にあるラインを巻き込む可能性があります。

 

トラブルが起きないおススメの結び方は2つあります!

強いのに超簡単な結び方はこちら↓

簡単にリーダーを結ぶ(糸と糸を結ぶ)方法 サージョンズノット
糸と糸を結びたい!リーダーを結びたい! だけど、ダブルユニノットしか知らないのは少し不安。 もっと強い結び方が知りたい! そして、簡単なやつが良い! そこでサージョンズノットの出番です! サージ...

アメリカのバス釣りトッププロたちが使っている大人気の結び方はこちら↓

超簡単!アメリカのバスプロ愛用!秒で結べるリーダーの結び方オルブライトノット
リーダーの結び方を覚えたけど、正直、難しい。 これまでの結び方よりも、もっと簡単に早く結べて、強度が十分に強い結び方ないの? 簡単、早い、強い、の3拍子が揃う。そんな結び方が知りたい。 そんなわがままな結び方は……あります...

PEラインとリーダーの号数

PEラインとリーダーの強さや太さをなるべく近づけます。

ラインの強度の差を5号(20lb)以上離すと確実にバランスが悪くなります。

 

例外ですが、マグロキャスティングなどの大物狙いではよくあることです。

普通の釣りで無暗に強度の差を付けるのはおススメしません。

100㎏を超えると釣りというより『格闘』になります。

使うリーダーの種類

PEラインは下巻きとリーダーを必ず使います。

両方ともナイロンラインがおススメです。

 

フロロカーボンラインは硬いのでPEラインとの相性は悪いです。

イロンラインは細くしなやかなので、PEラインでもすっぽ抜けしません。

 

 

PEラインの基本的な巻き方は↓

PEラインの巻き方 誰でも簡単にPEラインを巻く方法
どうも!でら釣りのはくです! 今回はPEラインの巻き方 誰でも簡単にPEラインを巻く方法をご紹介します。 PEラインは色んな釣りをやっていると必ず使うラインです。 扱いが難しく上級者向けとも言われるラインです。 ...

ラインの種類や簡単一覧表はこちら↓

釣り糸の種類と号数の一覧表
どうも!でら釣りのはくです! 今回は釣り糸の種類と号数の一覧表をご紹介します。 釣具屋さんに行くと色んな種類のラインがあって迷ってしまいます。 号数ってなに?lbって何?種類もいっぱいある!? でも、大丈夫で...

キャスティング

大きくゆったりとした動作で投げます。

ロッド全体にルアーの重さを乗せるイメージです。

絶対に慌ててはいけません。

 

ナイロンラインやフロロカーボンラインとは投げ方が違います。

バス釣りなどに多いティップ(ロッドの先端)だけで投げるやり方は絶対にダメです。

投げる度にライントラブルが連発します。

 

必ず大きくゆったりとした動作で投げます。

向かい風や横風など風の吹いている時は、投げ方にコツがあります。

余分なラインが出ない投げ方をします。

投げ方としては、ルアーを放物線ではなく、高度の低い直線的な線(ライナー)で投げます。

 

ライナーの投げ方は簡単です。

ロッドのグリップを短く持つことです。

リールを持っている手に逆の手を近づけます。

これだけで、鋭いライナーのキャスティングが出来ます。

 

ただし、ティップだけで投げないようにしてください。

鋭いキャスティングと大きな動作を意識します。

 

飛距離は落ちますが、風に煽られてラインが余分に出されることがありません。

風が吹いてもこの投げ方でPEのライントラブルを無くすことが出来ます。

PEラインのライントラブルを無くす方法まとめ

・PEラインには儀式が必要。
・PEラインはお約束が多い。

これだけやれば、もうPEのライントラブルはありません!

 

癖になるまでやると体が勝手に動いてくれます。

1時間も釣りをしていると慣れるのでご安心ください。

 

村田基さんおススメのマグロ400㎏でも釣れるリーダーの結び方はこちら↓

最強キングノット!マグロ400㎏でも大丈夫!村田基さんおススメのPEラインとリーダーの結び方!
PEラインとリーダーの結び方に不安がある。 今使っているリーダーの結び方が難しくてやり辛い。 もっと簡単で強いリーダーの結び方はないの??? あります!!! 以前、ご紹介したパーフェクトノット ビミニツイスト...

ラインの種類と簡単一覧表はこちら↓

釣り糸の選び方 釣りの基本中の基本!
どうも!でら釣りのはくです! 今回は釣りの基本中の基本!釣り糸の選び方をご紹介します。 釣りをする上で必ず使うのが釣り糸(ライン)です。 ロッドやリールはなくても、手釣りで釣ることが出来ます。 しかし、釣り糸...