釣り針の結び方で穴のない場合その1内掛け結びスネルノットがおススメ!

スポンサーリンク
内掛け結び完成釣り初心者

針穴のない釣り針は、平打ち針や叩き針と言われエサ釣りや船釣りでよく使います。

仕掛け作りやアシストフックでは欠かせません。

 

針穴がある針を管付き針と言います。

ルアー釣りではこちらが一般的です。

 

しかし、針穴のない釣り針は、どうやって結ぶのか困ってしまいます。

でも、大丈夫!!!

 

ここで、ユニノットの出番です!少し応用します。

糸と針を重ねてユニノットをするだけです。

この結び方をスネルノットといいます。

日本語では、内掛け結びと言います。

 

見てやった方がわかりやすいので、さっそく見てみましょう。

2回~3回ほど練習すれば結べます。一緒にやってみましょう。

内掛け結びの動画

ユニノットしただけですね。

少し変わるだけるで、ほぼユニノットです。

内掛け結びのメリット

・ユニノットなので簡単

新しく難しい結び方を覚える必要がない。

・結び目を針の内側にすると糸が切れにくい。

・結び目を針の内側にすると魚に針が掛かりやすい。

内掛け結びのデメリット

・結び目を内側にしないと糸が切れやすい。

内掛け結びの結び方

内掛け結び輪っかを作る

針と輪っかを作り、しっかりと持つ。

内掛け結び輪っかに糸を通す

輪っかに糸を5回通す。

内掛け結び糸をしっかりと持つ

結び目をしっかりと持つ。

内掛け結び糸を引っ張る

針の内側に糸を引っ張り締め込む。そうすると、結び目が内側にくる。

内掛け結び糸が内側にくる

結び目が内側にあるか確認する。

内掛け結び完成

内掛け結び 完成!

内掛け結びのコツ

・針と糸の輪っかをしっかりと持つと結びやすい。

・締め込むときに針の内側に向けて糸を引っ張ると結び目が内側にくる。

これで、針穴のない釣り針も結べます。

釣り針を間違って買ってしまっても大丈夫!

 

そして、改めて思います。ユニノットは凄い!万能です。

基本中の基本!釣り糸の結び方 ユニノット
ユニノットです。 ユニノットは基本中の基本の結び方です。 釣りの本に必ず載っている結び方でもあります。 ちなみに、ウニノットではなくユニノットです。 昔、私は間違えて覚えてました。お恥ずかしい限りです。 結び方が少し複雑で...

もう一方の簡単な輪っかのない針に結ぶ方法はこちらです↓

釣り針の結び方で穴のない場合その2 外掛け結びイージースネルノットがおススメ!
前回、針穴のない釣り針に糸を結ぶ方法として内掛け結びSnell Knotをご紹介しました。 今回は、もっと簡単に結べる結び方をご紹介します。 内掛け結びSnell Knotがやり辛い人は、こちらが合うかもしれません。 ...

本格的に仕掛け作りがしたい方は簡単に輪っかを作れるこちらがおすすめです↓

釣りの仕掛け作りに便利な結び方 仕掛けチチワ
今回は、仕掛けチチワをご紹介します。 同じ用途でスイベルがあります。 スイベルやサルカンはとても便利です。 しかし、スイベルの弱点をご存じでしょうか? 実は、スイベルを多く使うと魚に違和感を与えてしまい、釣れ...