ラパラノットの結び方。世界一のルアーメーカーが考案した結び方

スポンサーリンク
ラパラノット締め込む釣り初心者

今回ご紹介するのは、ラパラノットです。

ラパラノットとは、世界一有名なルアーメーカー『ラパラ』が考案した結び方です。

 

ラパラは元々、漁師さんの道具を作る会社でした。

ラウリ・ラパラさんという漁師さんが社長です。

漁師が漁師のための道具を作る漁師メーカーだったんです。

 

だから、釣れるのは当たり前です。漁師さんは魚について誰よりも詳しいですから。

それに、漁師さんたちは生活が懸かってますから、釣れない道具や見た目だけの道具はいらないのです。

そんな方たちが作り上げたブランドがラパラです。多くのファンがいるブランドもあります。

現在は代が変わってますが、益々凄さに磨きがかかっています。

 

ここでラパラのことを語ると3時間あっても足りないので、ラパラノットに戻ります。

ラパラノットは、スナップやスイベルを忘れても大丈夫なところが良い所です。

ルアーがしっかり綺麗に泳いでくれます。

世界一のメーカーが考案し結び方ですが、意外とシンプルです。

 

結び方は

1、輪っかを作ってから糸を通し、輪っかをしっかりともつ。

2、糸を3回~5回ほど巻き付ける。

3、輪っかに糸を通して、できた輪っかにもう一度通す。

 

言葉にすると難しそうですが、見れば簡単にわかります。

一緒にやってみましょう。

ラパラノットの動画

これが、世界一のメーカーが考案したノットです。

私は最初、すごく身構えました。

世界一のメーカーが考案したんだから、難しいんだろうと、、、でも、思ったより簡単です。

ラパラノットのメリット

スナップを忘れてもルアーが綺麗に泳ぐ

・輪っかの調整がしやすい

・世界一のメーカーにしては意外と簡単な結び方

ラパラノットのデメリット

・輪っかを大きくしすぎるとルアーに絡む。

ラパラノットの結び方

ラパラノット輪っかを作る

輪っかを作る。

ラパラノットルアーに糸を通す

ルアーに糸を通す。

ラパラノット輪っかに糸を通す

輪っかに糸を通す。

ラパラノット輪っかを確認

輪っかができました。この輪っかを崩さないように結んでいきます。

ラパラノット5回巻き付ける

糸を3回~5回巻き付けます。

ラパラノット輪っかに通す2

先ほど作った根本の輪っかに糸を通します。

ラパラノット別の輪っかができる

糸を通すと輪っかができます。

ラパラノット別の輪っかに糸を通す

出来た輪っかに糸を通します。

ラパラノット締め込む

しっかり締め込みます。

ラパラノット締め込む

完成です!

ラパラノットのコツ

・糸を巻き付けすぎない。3回~5回程度が丁度良い。巻き付けすぎると弱くなる。

輪っかの大きさは1㎝程度で十分。

私は不器用なので10回ほど練習してようやくマスターしました。

スナップを忘れても平気というのがありがたいです。

最近、良く使っているノットでもあります。

 

色んな方が色んなアレンジをしているので、汎用性の高さもあります。

最後の結びでユニノットにしたり、ハーフヒッチ(止め結び)にしたり、みなさん思い思いにアレンジしていますね。

結び方を工夫するのも釣りの楽しさのひとつかなと思います。

 

ラパラのルアーをラパラノットで結んで釣る。良いですね。

これで釣ったら、ラパラファンの仲間入りです。

 

さくっと釣っちゃいましょう~!

もっと簡単なスナップいらずの結び方はこちら↓

スナップを忘れても大丈夫な結び方!簡易版ホーマーロードループノット
以前、ご紹介した世界一のメーカー『ラパラ』が考案したラパラノット 今回は、もっと簡単な結び方をご紹介します。 その名も簡易版ホーマーロードループノットです。 トップウォーター(水面で動くルアー)やもっとルア...

アメリカのバスプロたちに人気の結び方はこちら↓

ハングマンズノットはアメリカのバスプロに大人気のノット!
それがハングマンズノットです。 アメリカのバスプロたちがよく使っていることで有名ですね。 パロマーノットと同じぐらい人気です。 アメリカのバス釣り本でも必ずと言っていいほどよくでてくる釣り糸の結び方です! 何...
パロマーノットは超簡単なラインの結び方♪アメリカのバスプロに大人気
超簡単な釣り糸の結び方とは こんにちは、でら釣り はくです。昔は釣具屋の店員をしておりました。 その時にお客さんから多くの質問をいただきました。 今回は、その中のひとつをご紹介致します。 超簡単な釣り糸の結び方で...