撥水・耐水・防水の違いとは

スポンサーリンク
撥水と耐水と防水釣具・ウェア

どうも!でら釣りのはくです。

今回は撥水・耐水・防水の違いをご紹介いたします。

 

レインウェアや雨用の製品でよく見る言葉です。

しかし、具体的にどう違うのか分かりません。

・何故、使い分けているのか。
・本当はどういう意味なのか。
・それぞれの違いは何か。

それらを、ザックリとご紹介させていただきます。

撥水とは

・撥水とは、服や生地の表面で水が弾かれること。

撥水は、水が服やウェアに着いた瞬間に弾くことです。

大量の雨に降られたり、濡れたままだと水を弾けずに服に水が入ってきます。

 

分かり易く言うと、撥水は少しの水なら弾いて濡れません。

耐水とは

・耐水とは、パラパラ雨程度の小雨に耐えられること。

耐水素材は、服などに水が付いて、それを手で押すと服に水が入ります。

雨に降られ続けると、じんわりと水が入ってきます。

 

分かり易く言うと、耐水は水を通すが通し辛いです。

防水とは

・防水とは、服や生地の中に水が入ってこないこと。

耐水よりもひとつ上の基準です。

ビニール傘のように水が入らない素材や状態のことです。

 

ビニール傘の場合、穴が開かない限り水が入ってきません。

分かり易く言うと、防水は水を通しません。

撥水・耐水・防水の違い

・撥水は、ちょっとの雨なら弾く。
・耐水は、少しの雨なら濡れ難くなる。
・防水は、濡れない。

これが、撥水と耐水、防水の違いです。

似ていますが、性能が全然違います。

撥水・耐水・防水の違い 何を選べばよいのか

・防水性能が高いものが良い。
・耐水性能が高くなると防水性能に変わる。
・撥水効果はどんどん無くなるので、メンテナスが必要。

防水性能が高いものを選べばOKです。

特に素材としてはゴアテックスが有名です。

 

値段は高いですが、あの快適さには敵いません。

雨は通さず、風を通す特殊な素材です。

 

雨でも、快適に釣りをすることが出来ます。

ゴアテックスを着たら、もう他の物は着れません。

 

レインウェアはゴアテックス一択です。

着てみれば誰でも実感します。

 

撥水は、どんどん効果が無くなっていきます。

クリーニングや撥水スプレーでメンテナスすると、長く使うことが出来ます。

 

どんなに高級なレインウェアでも、メンテナンスしないとダメになります。

レインウェアは、良いものを大切に長く使うと、安いものを何度も買うよりも結果的に安く済みます。

撥水・耐水・防水の違いとは まとめ

・一番大事なのは防水性能。
・耐水よりも防水を選ぶ。
・撥水はメンテナスが必要。

レインウェアを選ぶ時は、この3つの違いを意識して選ぶことをおすすめします。

そうすれば、自分にとって良いものを選ぶことが出来ます。

 

良いレインウェアは、きちんとメンテナンスすれば長く大事に使えて雨でも快適です。

 

雨でも快適に釣りをするコツはこちら↓

釣りの雨対策ベスト20
どうも!でら釣りのはくです。 今回は釣りの雨対策ベスト20をご紹介いたします。 雨は、人には嫌われますが、魚にとっては恵みの雨です。 産卵の合図になったり、雨による栄養で色んな魚が活発に動き出します。 ...

雨はどれだけ降ったら危険なのか↓

雨の強さと量 その場で判断する基準
どうも!でら釣りのはくです。 今回は雨の強さと量をご紹介いたします。 雨は、釣りだけでなくアウトドア全般に影響します。 ・今どれぐらい降っているのか。 ・どんな量なのか。 ・安全なのかどうか。 実は、きちんとした...

風の強さはどこからが危険なのか↓

404 NOT FOUND | でら釣りブログ