スプリットショットリグの結び方と使い方 釣れない時の救世主リグ(仕掛け)

スポンサーリンク
スプリットショットリグサムネイル釣り初心者

どうも!でら釣りのはくです!

今回はスプリットショットリグについてご紹介します。

 

釣りをしているとこんな悩みがあります。

魚がいるのに釣れない。

水が透明過ぎて魚から人間が見えているから釣れない。

・前日の雨や風で水がグチャグチャになって魚の元気がない。

釣り人が多すぎて魚が警戒して釣れない。

・でも、釣りたい!!!

そんな方におススメです。

 

スプリットショットリグは昔から色々な釣りで使われています。

メバルやカサゴなどのロックフィッシュ(根魚)はもちろん。

アジやキス、クロダイ、コイにブラックバスなども釣れます。

気軽にみなさん使っています。

スプリットショットリグとは

オモリとフックの間に距離を取るリグ(仕掛け)のこと。

とてもシンプルで使いやすいリグ(仕掛け)です

スプリットショットリグとキャロライナリグの違い

以前、ご紹介したキャロライナリグとシステムが似ています。

スプリットショットリグキャロライナリグとは違い、

ラインの細さ、オモリの軽さ、フックのサイズなど、

より繊細な方向へと進化しました。

スプリットショットリグに必要な道具

・ガン玉

・フック

・ワームまたはエサ

以上です!シンプルですね。

 

釣りをする人なら誰もが持っているものです。

お手軽に作れるのも良い所です。

スプリットショットリグの動画

フックを結んでオモリを付けるだけです。

あっという間に出来ます。

スプリットショットリグのメリット

簡単にリグ(仕掛け)が作れる。

専門の道具専門のオモリがいらない。

・すぐに別の仕掛けに変える事が出来る手軽さ

・水が透明で警戒心の強い魚も釣れる。

元気のない魚にも効果的。

・前日に雨や台風などで水がグチャグチャになった時にも効果を発揮する。

スプリットショットリグのデメリット

・オモリをラインに固定するのでラインが傷付く。対処法としてラバー付きオモリで解決します。

スプリットショットリグにおススメワーム

水の流れでヒラヒラ動くものがおススメです。

尻尾が薄くて良く動くものや細かいパーツがピクピク動くものも良いです。

 

カーリーテル系やクロー系ととても相性が良いリグ(仕掛け)です。

たまにストレート系でかなり釣れる時があります。

 

具体的には

・ゲーリーヤマモト 3インチグラブ 万能ワームです。
・ゲーリーヤマモト カットテールワーム
・ゲーリーヤマモト クロー
・バークレイ インチホッグ クロダイやメバリングで定番のワーム。
・バークレイ パワーインチホッグ3インチ
・バークレイ バブルクリーパー
・ZOOM(ZBC) タイニーブラッシュホグ バークレイ インチホッグと同じ使い方。
・ZOOM(ZBC) カーリーテール4インチ
・ZOOM(ZBC) センチピード4インチ

まずは、今持っているもので試してみて下さい。

いきなり新しいワームを買うのはおススメしません。

スプリットショットリグのフック

ワームにあったものを使います。

ワームが小さいのでフックも小さめが多くなります。

フックの種類

・マス針

・サークルフック(日本だとムツ針が近い)

・オフセットフック

具体的には

マス針
・オーナー アンダーショット
サークルフック
・オーナー ムツライトサークルフック
日本だとムツ針。呑まれない、勝手に刺さるというサークルフックと同じ目的で作られた針。
形も似ている。#10などは漁師用の針になります。
オフセットフック
・オーナー オカッパリフック

フックの大きさ

ワームに合わせます。

大きいのはダメですが、小さいのは問題ありません。

基準として

ワーム4インチ マス針#2 サークルフック#6(エサ用の針)   オフセットフック#1/0
ワーム2インチ マス針#4 サークルフック#10(漁師用の針) オフセットフック#2

スプリットショットリグのオモリ

オモリの素材

鉛とスズがあります。

スズは鉛よりも比重が軽いため、同じ重さでもゆっくり沈みます。

元々、自然界にある物なので環境に優しいです。

オモリの種類

ガン玉の中にも2種類あります。

ラバー付きガン玉

ラバーなしガン玉

ラバー付きとはオモリの内側にゴムが張ってあるものです。

これは、ラインの保護オモリのズレ防止という2つの機能があります。

 

ラバー付きガン玉のおススメはこちらです。

・プロズファクトリー ラバースプリットショット

10年以上のロングセラーです。

 

ラバーなしガン玉(一般的なガン玉)のおすすはこちらです。

・ウォーターグレムリン ラウンドスプリットシンカー

・ヨーズリ ガン玉 やわらかオモリ

オモリの重さ

底を感じ取れる重さの物から使います。

その後、出来る限り軽くしていきます。

あくまでも、底を感じ取れるギリギリの軽さです。

 

持っているガン玉やオモリで試してみてから足りない分を揃えるのがおススメです。

オモリは軽ければ軽いほど魚に違和感を与えず、釣れる数が増えます。

オモリとフックの距離

オモリとフックまでのラインの長さは20㎝~30㎝で十分です。

私は手の平一個分から初めます。

 

魚が釣れなければ距離を長くします。

魚が釣れるなら距離を短くして一番短い距離で釣ります。

スプリットショットリグにラバー付きガン玉は必要か

2つの役割から見ます。

・ラインの保護

これに関してはあった方が良いです。

 

・オモリの固定

オモリにラインを2回通すだけで解決します。

 

目的がラインの保護ならラバー付きガン玉は必要です。

オモリの固定は正直どちらでも構いません。

スプリットショットリグの結び方

スプリットショットリグ道具

ガン玉、フック、ワームまたはエサを用意します。

スプリットショットリグフック

フックを結ぶ。簡単で強く、早い結び方パロマーノットがおススメです。

スプリットショットリグオモリ

ラインをガン玉に2回通します。こうすることで、オモリがズレるのを防ぐことができます。

スプリットショットリグ挟む

オモリをペンチなどでしっかりと挟みます。

スプリットショットリグワーム

ワームを刺します。ワームが真っすぐになるように刺します。

スプリットショットリグ完成

完成!

スプリットショットリグの使い方とアクション

使い方

基本的に底を感じ取ることが大事です。

オモリは出来る限り軽くしていきます。

底を感じ取れるギリギリまでオモリを軽くします。

 

水が透明で魚も底も丸見えな時や魚の元気がない時に効果を発揮します。

台風で荒れた後やの後、釣り人が多すぎて魚が警戒している時なども良いです。

 

周りは誰も釣っていないのに、自分一人だけ釣っていることなんてよくあります。

アクション

・ロッドを横に倒して、ゆっくりと引いてくる。

・ロッドを縦にチョンチョンと細かく動かす。

・放っておく。動かさない。

とにかく、ゆっくり丁寧に釣ることが重要です。

魚に警戒心を与えないため、そして、魚の元気がないのでこちらもそれに合わせていきます。

スプリットショットリグで狙う場所

水が透明で魚が丸見えの場所。魚からも人が見えている場所。

台風の後で水が汚い場所

人気の釣り場で人が多くて、魚が釣れない場所。

スプリットショットリグで釣果を伸ばすコツ

・柔らかめのロッド(釣り竿)を使う。底をしっかり感じ取るため。
・ロッドを動かさなくても良く動くワームを使う。

こんな簡単なリグ釣れない魚が釣れるようになります。

 

最初は、本当にびっくりしました。

たくさん人がいるのに『自分だけが釣り続ける』なんてことが本当にあるとは思いませんでした。

ちょっとした工夫が大事だと痛感させられたリグ(仕掛け)です。

 

簡単で強い、早く結べるラインの結び方はこちら↓

パロマーノットは超簡単なラインの結び方♪アメリカのバスプロに大人気
超簡単な釣り糸の結び方とは こんにちは、でら釣り はくです。昔は釣具屋の店員をしておりました。 その時にお客さんから多くの質問をいただきました。 今回は、その中のひとつをご紹介致します。 超簡単な釣り糸の結び方で...

スプリットショットリグに似ているキャロライナリグはこちら↓

キャロライナリグの結び方と使い方 アメリカのバストーナメントで必要不可欠!
どうも、でら釣りのはくです! 今日ご紹介するのはキャロライナリグです。 テキサスリグと似ていますが、少し違います。 元はバス釣りで使われていましたが、最近では様々な釣りに使われるようになりました。 クロダイや...