FLWレイクエリー4日目 2020年の第6戦 最終日

スポンサーリンク
FLWレイクエリー4日目2020年釣り日記

どうも!でら釣りのはくです。

FLWレイクエリー4日目の最終日です。

 

誰がビッグスモールマウスを仕留めるか。

手堅く着実にウェイトを伸ばすか。

 

極端な試合になりそうです。

さっそく、見ていきましょう。

開催日時

現地時間:2020年08月14日(金) 8時~14時
日本時間:2020年08月14日(金) 21時~27時

もう、現地へ行きたいです。

コロナが完全に収まったら現地へ行きたいです。

開催場所

場所:オハイオ州レイクエリー

五大湖のうちのひとつです。

かなりデカいフィールドです。

 

今回もスーパートーナメントなので、賞金も凄いです。

実況解説

実況:トラビス・モーラン(Travis Moran)
解説1:トッド・ハウウェル(Todd Howell)
解説2:マルティ・ストーン(MARTY STONE)

実況と解説も毎回、分かり易くて助かります。

スタジオとプロとの解説もあるので本当に楽しめます。

今日のおやつ

炭酸水

・炭酸水

3日目の引き続きで見ています。

炭酸水でスッキリとリフレッシュ出来ます。

当日のキーは?

・ジェイコブ選手やジャスティン選手など上位はスモールの釣りが得意な選手たち。
・ホットスポットがスタート地点から近い場所にある。
・遠い場所か近くの場所か、この選択が必要。

これは迷います。

遠くの場所は、選手も少なく魚が擦れていませんし、釣り易いです。

 

しかし、良く時間が掛かるので釣る時間が取れません。

近くのホットスポットは色んな選手が多いですが、釣るには釣れます。

 

どちらを選ぶのでしょうか。

ビックフィッシュ賞

1日目 ダスティン・コネル(DUSTIN CONNELL)選手 5lb-14oz
2日目 ロン・ネルソン(RON NELSON)選手 6lb-0oz

ロンネルソン選手は、今年コンスタントにビッグフィッシュ賞と上位を獲得しました。

AOYでぶっちりだったのも納得です。

実況 4日目

ライブは6時間あるので時間に余裕がある時にどうぞ。

1時間ごとに区切っているので、タイムシフトのような感じです。

 

釣ったシーンや気になったシーンだけをピックアップしていきます。

開始~1時間

0:14 ジェイコブ選手のリプレイです。

ジェイコブ・ウィーラー(JACOB WHEELER)選手が朝一で1匹釣っています。

昨日と同じ釣り方です。

荒れている沖合をスピニングのドロップショットで釣っています。

 

0:15 またもジェイコブ選手が釣ります。

しかし、小さいノンキーです。

 

0:27 スコット・ドブソン(SCOTT DOBSON)選手が1匹釣っています。

釣り方は皆と同じで、沖合をスピニングのドロップショットです。

 

0:30 スコット選手がビッグサイズを掛けますが、ボートの足元でバレました。

選手の多くが手でドラグを出しています。

これは、磯釣りのレバーブレーキと同じで足元の急な走りに対応するためです。

 

0:45 ジョシュ・ベルトランド(JOSH BERTRAND)選手のリプレイです。

既にナイスサイズを1匹釣っています。

釣り方は昨日と同じで、沖合をスピニングのドロップショットで釣っています。

かなり波の高いエリアで映像の乱れも酷いです。

1時間~2時間

最終日の今朝は、スロースタートです。

 

1:04 ジャスティン・ルーカス(JUSTIN LUCAS)選手が釣ります。

激荒れの沖合をスピニングのドロップショットで釣っています。

ナイスサイズです。

きちんとエア抜きしてからライブウェルに入れています。

ただ、映像と音声の乱れが酷いです。

ジャスティン選手は近場のホットスポットで釣っています。

 

1:29 スコット選手のリプレイです。

ナイスサイズを釣りました。

しかも、連発でまたデカいサイズを釣っています。

凄いエリアです。

 

1:51 インタビュアーのクリスジョーンズ(CHRIS JONES)さんがカイル・ホール(KYLE HALL)選手にインタビ

ーしています。

カイル選手は一番の若手です。

カイル選手が話しやすい様にアシストしてあげるクリスさん。

戦略の練り方や今の状況を話しています。

2時間~3時間

2:03 アルトン・ジョーンズ・ジュニア(ALTON JONES JR)選手のリプレイです。

1匹目のナイスサイズを釣りました。

釣り方は、みんなと同じ沖合をスピニングのドロップショットです。

 

2:14 ジェイコブ選手が釣ります。

これで2匹目のナイスサイズなキーパーです。

 

2:44 ジャスティン選手が掛けます。

ドラグをゆるゆるにして丁寧にやり取りしています。

ナイスサイズを釣りました。

しかし、映像が乱れて見れません。

3時間~4時間

ここからは後半戦です。

 

3:00 ジャスティン選手がまた釣ります。

これもナイスキーパーです。

 

3:07 スペンサー・シャフィールド(SPENCER SHUFFIELD)選手が釣ります。

これで3匹目です。

 

3:13 ジョシュ・バルトランド(JOSH BERTRAND)選手です。

既に1匹釣っています。

そして、一人だけシャローのロックエリアで巻物をしています。

 

3:15 ジョシュ選手がラージを釣りました。

ひとりだけラージ狙いです。

これは面白い戦略に出ました。

今の魚で2匹目です。

同時 ジャスティン選手も釣っています。

これでリミットメイク達成です。

 

3:34 ジョシュ選手がまたもラージを釣ります。

シャローのロックエリアを巻き続けています。

 

3:53 ジャスティン選手が掛けます。

ナイスサイズのスモールです。

きちんとエア抜きしています。

4時間~5時間

4:00 ジャスティン選手がまた掛けます。

入れ替え成功です。

どんどんウェイトを伸ばしています。

 

4:07 ジェイコブ選手が釣ります。

キープサイズのスモールです。

これで、ようやく3匹目です。

 

4:23 ジェイコブ選手がまた釣ります。

リミット達成です。

 

4:31 またもジェイコブ選手です。

違う魚です。

しかし、これはなんという魚でしょうか。

 

4:37 ジャスティン選手が釣ります。

見事に入れ替え成功です。

 

4:47 またもジャスティン選手が釣ります。

しかし、違う魚でした。

ジェイコブ選手が釣っていたのと同じ魚です。

5時間~6時間 終了

ラストスパートです。

 

5:35 ジェイコブ選手が釣ります。

デカいスモールです。

これは凄い。

終了間際でこのサイズは嬉しいです。

 

終了です。

お疲れ様でした。

FLW レイクエリー 4日目 結果

1位 ジャスティン・ルーカス(JUSTIN LUCAS)選手 79lb-2oz
2位 ジェイコブ・ウィーラー(JACOB WHEELER)選手 79lb-1oz
3位 ジョシュ・ベルトランド(JOSH BERTRAND)選手 74lb-10oz

1位と2位は、たった1オンス差です。

上位二人の激戦でした。

 

同じ中堅選手同士の激しいバトルとなりました。

ジャスティン選手、おめでとうございます。

FLW レイクエリー 4日目 まとめ

・上位二人の激しい順位争い。
・たった1オンス差の試合結果。

凄い試合でした。

たったの1オンス差です。

 

いやぁ~本当に激戦でした。

最後まで、どちらが勝つか分からない展開でドキドキしました。

 

同じ釣り方でも、ここまで結果が揃うともう予想もできません。

最後は、見ている方も緊張しっぱなしの1時間でした。

 

これだから、釣りは見るのもやるのもやめられません。

早く次の試合が見たいです。

 

ここまで、お読み頂きありがとうございます。

それでは、よいフィッシングライフを!

 

FLWレイクエリーの3日目はこちら↓

FLWレイクエリー3日目 2020年の第6戦 AOYが既に決まりました。
どうも!でら釣りのはくです。 FLWレイクエリー3日目です。 ついに6戦です。 果たして誰か勝つのでしょうか。 ドキドキハラハラの試合が始まります。 そして、この段階でAOYが決まりました。 ...

FLW第5戦はこちら↓

FLW ミシシッピリバー Day3 2020年 第5戦
どうも!でら釣りのはくです。 FLW ミシシッピリバー3日目です。 ついに第5戦まで来ました。 もうツアーの年間優勝も見えてきています。 今回も新型コロナウイルスの影響でスーパートーナメントです。 ...

FLW第4戦はこちら↓

FLW LAKE CHICKAMAUGA Day1実況 2020年第4戦
こんばんはからおはようまで、はくです。 FLWがコロナから復活しました! FLW LAKE CHICKAMAUGA Day1実況 2020年の第4戦目です。 今回は、スーパートーナメントと言って賞金額がスーパーにな...