ナブラ(ボイル、鳥山)ともじり(ライズ)の違いとは

スポンサーリンク
ボイルとライズ釣り初心者

どうも!でら釣りのはくです。

今回はナブラ(ボイル、鳥山)ともじり(ライズ)の違いをご紹介いたします。

 

これらは、釣りでよく使われる単語です。

しかし、ごちゃまぜになって勘違いし易い単語でもあります。

・ナブラとボイルは別じゃないの?
・もじりとライズも別でしょ?
・ボイルとライズの違いは何?

こんな風に混乱することがあります。

実は簡単です。

 

それでは、ざっくりとご紹介させていただきます。

ナブラ(ボイル、鳥山)

・大量の小魚が、大きい魚に追われて水面で逃げ惑っている様子のことです。
・ナブラがあるとカモメなどの鳥が多くいるので、ナブラに鳥がいると鳥山とも言います。
・英語ではボイル(boil)、ボイリング(boiling)と言います。

ナブラとボイルは同じ意味です。

日本語がナブラ英語ではボイルと言います。

 

ナブラが起きると水面が泡立つように見えます。

バシャバシャと激しい音も聞こえます。

 

まるで、水が沸騰する様子から英語ではボイル(沸騰)と言われています。

もじり(ライズ)

・魚が餌を追って水面に波紋が出ることです。
・ナブラとは違い、水面が泡立つほど激しくありません。
・英語ではライズ(rise)、スプラッシュ(splashy)などと言います。

もじりとライズは同じ意味です。

日本語ではもじり英語ではライズやスプラッシュと言います。

 

ライズは、大人しいボイルとも言えます。

ナブラ(ボイル、鳥山)ともじり(ライズ)の違い

・どれだけ水面が泡立ったらボイルなのか、という基準はありません。
・どちらも魚がエサを追って水面でバシャバシャしている様子のことです。

2つとも似た意味なので、何となく理解できればOKです。

ボイルとライズを間違えていたからと言って、釣りに影響はありません。

 

たまに、言葉の意味を知らないと釣りの話についていけないことがあります。

ナブラ(ボイル、鳥山)ともじり(ライズ)の違い まとめ

・ナブラとボイルは同じ意味で言語が違うだけ。
・もじりとライズも同じ意味で言語が違うだけ。
・両方をまとめてボイル、ライズと言う人もいます。

なんとなく意味が分かれば問題ありません。

人によって2匹~3匹が跳ねたらボイルと言ったり、10匹以上がボイルだと言ったりします。

 

言葉の意味は分かっていれば大丈夫です。

大事なのは、言葉の意味ではなく釣り方です。

 

釣りエサ屋さんが閉まってる!?そんな時は自分で取ることも出来ます↓

釣りエサを自分で取る方法 現地調達も可能
どうも!でら釣りのはくです。 今回は釣りエサを自分で取る方法をご紹介いたします。 釣りエサって買うんじゃないの? と思うかもしれませんが、自分で取ることも出来ます。 もちろん、釣りエサ屋さん方が確実に手に入ります。 ...

これで、ルアーのフック絡みがなくなります↓

ルアーのフックが絡まるのを防ぐ方法ベスト10 リップ絡みと収納法もあります。
どうも!でら釣りのはくです。 今回はルアーのフックが絡まるのを防ぐ方法ベスト10をご紹介いたします。 ルアー釣りをやっていると必ず起きる現象です。 ・フックがラインに引っ掛かる。 ・フックがリップに引っ掛かる。 ・...

新品のルアーがきちんと泳がない、初期不良か?大丈夫です。治ります↓

ルアーが真っ直ぐ泳がない時の直し方
どうも!でら釣りのはくです。 今回はルアーが真っ直ぐ泳がない時の直し方をご紹介いたします。 ルアーを買ったら必ずチェックするのが、ルアーの泳ぎです。 真っ直ぐ泳げばOKですが、変に暴れたり傾いたら直す必要があります...