ルアーが真っ直ぐ泳がない時の直し方

スポンサーリンク
ルアーの直し方釣り初心者

どうも!でら釣りのはくです。

今回はルアーが真っ直ぐ泳がない時の直し方をご紹介いたします。

 

ルアーを買ったら必ずチェックするのが、ルアーの泳ぎです。

真っ直ぐ泳げばOKですが、変に暴れたり傾いたら直す必要があります。

・ルアーのラインアイを曲げて直す方法
・ルアーのリップを削る方法
・ルアーの重心を固定する方法

やり方はこの3つです。

どれも簡単です。

 

きちんと直せば、ルアーのポテンシャルを120%引き出すことが出来ます。

ルアー釣りでは、絶対に必要なことです。

 

それでは、さっそくご紹介させていただきます。

ルアーのラインアイを曲げて直す方法

・トゥルーチューニングと言います。
・ルアーの糸を結ぶ輪っか(ラインアイ)を上下左右へ曲げて調整すること。
やり方
・ルアーが右に曲がって泳ぐ時は左に曲げる。
・ルアーが左に曲がって泳ぐ時は右に曲げる。
・ルアーが上に泳ぐときは下に曲げる。
・ルアーが下に泳ぐときは上に曲げる。
注意
・やり過ぎると金属疲労でラインアイが折れます。
→少しずつやるのがコツです。

ルアーを買ったら一番最初にやることです。

特に、ジャークベイト(ミノー)は慎重にやる必要があります。

 

泳ぎ方や潜る深さにまで、すぐに影響が出るからです。

やり過ぎたらルアーのポテンシャルが台無しになります。

ルアーのリップを削る方法

・リップの裏側を削ります。
・300番~600番の紙やすりで少しずつ削ります。慣れてきたらリューターでもOKです。
やり方
・右を削れば左に泳ぎます。
・左を削れば右に泳ぎます。
注意
・リップの端まで削ってリップを細くしてしまう。
・ボディを削ってしまう。
→マスキングテープで保護しておくのがおすすめです。

これは、ラインアイを調整してもダメだった時のやり方です。

削る時は、少しずつやるのがコツです。

 

リップの真ん中に目印の線を引くと削り易いです。

削り作業を一気にやると、泳ぎ方や潜る深さまで一気に変わってしまうのでご注意ください。

 

このやり方は、世界一のルアーメーカーであるラパラがやっています。

ルアーを出荷する前に、一つ一つ手作業で調整しています。

ルアーの重心を固定する方法

・重心移動ルアー内部のオモリを固定します。
やり方
1.ルアーのお腹部分に穴を開ける。先に尖った棒ヤスリなどを使います。
2.オモリをお腹の方に持ってくる。瞬間接着剤や※2液性のエポキシで固定する。
3.完成。
注意
・穴をあける場所を間違える。
→ルアーに光を当てて中身を透かしてオモリのある場所を確認します。または、クリアカラーで確認します。
・飽けた穴から浸水する。
→接着剤が乾くまで絶対に動かさない。※2液性のエポキシなら確実に穴が塞がります。

重心移動のルアーを固定重心にする方法です。

これをやると、泳ぎが抜群に安定します。

 

しかし、飛距離は落ちます。

アメリカのバスプロたちが、ラッキークラフトのポインター100でよくやっているカスタムです。

 

シーバスルアーの上州屋のエリア10も同じカスタムが効きます。

本家を超えた分家として有名なシーバスルアーです。

 

※2液性のエポキシとは、耐衝撃性、耐水性、接着力が優秀な接着剤です。ルアー作りの仕上げによく使われています。

ルアーが真っ直ぐ泳がない原因

・海用ルアーを川で使う。または、その逆。→水の比重が違うから、ルアーの水噛みが変わる。
・波や流れのある場所。→特に淡水のルアーが泳がなくなり易い。あとは、海が荒れている時。
・ルアーボディのひび割れ。→エポキシである程度は直ります。
・ルアーのリップ割れ。→リップを付け直す必要があります。ホームセンターの樹脂ボードで代用可能です。
・フックバランス。→ルアーが浮いたり、沈んだり、泳ぎまで変わります。
・スプリットリングのサイズ。→フックバランスと同じです。
・ラインが太すぎる。細すぎる。→適性から大きく外れると動きが破綻または動かなくなります。
・ロッドが硬すぎる。柔らかすぎる。→ラインと同じで適性から大きく外れると動きが破綻または動かなくなります。

どれも、ルアーがきちんと泳がなくなる原因です。

これ以外の場合、上で紹介した3つの方法で直ります。

 

今まで、この3つのやり方で直らなかったルアーはありません。

 

当たり前ですが、金属バッドに超太いタコ糸を付けてルアーをジャークすると、ほぼ全てのルアーが泳がなくなります。

ルアーの動きが破綻して暴れます。

 

ルアーのアクションには、適度なロッドの硬さ適切なラインの太さ必要です。

 

学生の頃に、友達と釣りしながら遊んで色々やりました。

友達との悪ノリのおかげで、多くの実体験をしました。

ルアーが真っ直ぐ泳がない時の直し方 まとめ

・直し方は3つ、これで全て直ります。
・どの直し方もちょっとずつやるのがコツ。

最初の内は一気にやってしまいがちです。

しかし、慌てることはありません。

 

ゆっくりと確実に、ちょっとずつやれば上手くいきます。

ちょっとずつが大事です。

 

一気にやってルアーを壊したら、泣くに泣けません。

それでは、よいフィッシングライフを!

 

ルアーの種類と各パーツの名称 ルアー釣りの基本の基↓

ルアーの種類と各パーツの名称 ルアー釣りの基本の基!
どうも!でら釣りのはくです! ルアー釣り基本の基!ルアーの種類と各パーツの名称をご紹介します。 ルアーと一言に言っても大量にありすぎて、何がなんやら分かり辛いですよね。 ・ルアーの種類が多すぎて分からない! ...

ルアーの根掛かりの外し方 絶対外せる5つの方法↓

ルアーの根掛かりの外し方 絶対外せる5つの方法
どうも!でら釣りのはくです。 今回はルアーの根掛かりの外し方をご紹介します。 ルアー釣りをやっていると必ずやってしまうのが根掛かりです。 簡単に外れる時もあれば、全く外れなくてルアーを無くしてしまうこともあります。...

スプリットリングの正しい知識と使い方 ルアーの泳ぎに影響します↓

スプリットリングの正しい知識と使い方 ルアーで釣れないのはスプリットリングが関係しています。
どうも!でら釣りのはくです。 今回はスプリットリングの正しい知識と使い方についてご紹介します。 スプリットリングは、ルアー釣りに無くてはならない存在です。 しかし、90%以上の釣り人がスプリットリングについて勘違い...