レインウェアのおすすめ10選 2020年版

スポンサーリンク
レインウェアのおすすめ10選2020年版釣具・ウェア

どうも!でら釣りのはくです。

今回はレインウェアのおすすめ10選 2020年版をご紹介いたします。

 

雨の釣りに欠かせないのが、レインウェアです。

しかし、100均の合羽は直ぐに穴が開いて使い物になりません。

 

では、どんなレインウェアが釣りに良いのでしょうか。

・着心地の良いレインウェアはあるのか。
・釣りがし易いレインウェアはどんなものか。
・おすすめのレインウェアはどれか。

今まで多くのレインウェアを使ってきた経験と実績から、それら全てザックリとご紹介させていただきます。

レインウェア 着心地の良さ

・動きやすさ。
・通気性。

釣りや登山を考えて作られているウェアは、着心地の良いものが多いです。

雨のアウトドアで動いても、変に突っ張たり、動き難さがありません。

 

レインウェアは、ネットで買わずに試着してから買うことをおすすめします。

アウトドアメーカーのものなら、アウトレットモールなども利用すると半額以下で新品が買えたりします。

レインウェア 釣りに必要な防水性

・※JIS規格の防水性12,000㎜以上

これが、釣りに必要なレインウェアの防水性です。

これ未満になると、肘や膝、お尻をついた所から水が浸水してきます。

 

雨から体を守るためにも、この数値以上のレインウェアが必要になってきます。

 

※具体的なJISの試験や基準などはこちら↓

ゴアテックス・イーベント・ポーラテックネオシェルの違い
どうも!でら釣りのはくです。 今回はゴアテックスとイーベント、ポーラテックネオシェルの違いをご紹介いたします。 この3つはレインウェアの素材としてよく耳にします。 凄いことは分かるのですが、具体的に何が違うのでしょ...

レインウェア おすすめの基準

・※ゴアテックス素材が最高。※イーベント素材も有り。
・ジャケットとパンツのセットタイプが動きやすくおすすめです。

雨の装備で、最高の快適さを求めるならゴアテックスかイーベントがおすすめです。

レインウェアの2大素材です。

 

特に、ゴアテックスは一回着たら他とは比べ物になりません。

シマノやダイワ、モンベルなど有名メーカーがゴアテックスウェアを出しています。

 

そして、レインウェアの上下セットはバランスを考えて作られています。

動きやすく、隙間から雨が浸水してくることもありません。

 

※ゴアテックス素材とは、水蒸気は通すが雨は通さない特殊素材。防水性と透湿性を両立させた画期的な素材。

※イーベント素材とは、ゴアテックスよりも防水性は劣るが、通気性や運動性能は抜群の新しい素材です。ゴアテックスのライバルとして有名です。

レインウェア おすすめメーカー

・シマノ 上下セット4万円以上
・ダイワ 上下セット2万円以上
・モンベル 上下セット3万円以上
・ノースフェイス 上4万円、下1万円以上

価格差はあるのは、素材以外の部分に差があるからです。

動きやすさデザイン性など、それぞれに特徴があります。

 

あまりにも高価なメーカーや釣りに向いていないデザインのメーカーは外しています。

レインウェア シマノ

・世界一のリールメーカーです。
・ゴアテックスウェアもきちんとあります。

釣りをするならシマノでOKです。

ガッチリと雨から体を守ってくれます。

 

お値段は高いですが、キチンとメンテナンスすれば5年は持ちます。

ただ、デザインが少ないのは残念です。

レインウェア ダイワ

・おしゃれな釣り具メーカー。

お値段も安く、きっちりと仕事してくれます。

何よりも、釣り具メーカーの中ではデザイン性があります。

 

おしゃれお手軽に釣りを楽しむなら、ダイワがおすすめです。

レインウェア モンベル

・初心者からベテランまで人気のあるアウトドアメーカーです。
・上下セットから靴に靴下、グローブまで雪山登山が出来るレベルで揃います。

モンベルは、値段の幅も広く、お手頃なものがきちんと用意されています。

 

ウェア以外にも

・GORE-TEX オールラウンド ハイソックス
・GORE-TEX スタッフバッグ 4L

などが人気です。

レインウェア ノースフェイス

・若い人向けで人気のおしゃれなアウトドアメーカーです。
・ウェアから靴、帽子まで全て揃います。

レインウェアは、上下別で売られています。

ノースフェイスのレインウェアは、ある程度デザインが統一されているので問題ありません。

 

モンベルよりも数が少ないので、選択肢が限られてきます。

レインウェア おすすめ10選

・シマノ GORE-TEX®アドバンスレインスーツ ¥42,400
・シマノ NEXUS・GORE-TEX レインスーツ EX ¥53,700
・シマノ NEXUS・GORE-TEX® レインスーツ LIMITED PRO ¥94,500
・ダイワ DR-19020ゴアテックス インフィニアム プロダクト レインスーツ 28,760円
・ダイワ DR-15020プロバイザー ゴアテックス プロダクト コンビアップレインスーツ 56,500円
・モンベル GORE-TEX カモワッチ レインスーツ ¥34,000
・モンベル ウインドストッパー EXP.ダウンワンピース ¥75,000
・ノースフェイス クラウドパンツ ¥15,400
・ノースフェイス オールマウンテンパンツ ¥35,200
・ノースフェイス ハイパーエアーGTXフーディ ¥41,800

メーカーの選択は、デザイン性機能性か、どっちを選ぶかによります。

 

シマノの一番凄いリミテッドプロは、本当に快適です。

しかし、高過ぎます。

 

アドバンスで十分です。

 

ダイワは、コストパフォーマンスが良いです。

おしゃれで値段もお手頃、機能は十分です。

 

モンベルノースフェイスは、釣りのことも考えて作られています。

他のメーカーにも釣り用レインウェアはありますが、日本人の体形には合いません。

 

この2つのアウトドアメーカーなら、日本人の体形でも着やすいです。

レインウェアのおすすめ10選 2020年版

・素材は、ゴアテックスとイーベントがおすすめです。
・レインウェアは、デザインか機能で選び分ける事になります。

レインウェアは、必ず試着してから購入することをおすすめします。

ネットで買うと絶対に失敗します。

 

同じメーカーの同じシリーズでも、新しくなるとサイズが変わっていることがあります。

もし買う時は、絶対に試着してからご検討ください。

 

自分に合ったレインウェアは、雨の釣りを快適にしてくれます。

その分、釣りに集中できて釣果にも影響します。

 

レインウェアの素材ゴアテックス・イーベント・ポーラテックネオシェルの違いはこちら↓

ゴアテックス・イーベント・ポーラテックネオシェルの違い
どうも!でら釣りのはくです。 今回はゴアテックスとイーベント、ポーラテックネオシェルの違いをご紹介いたします。 この3つはレインウェアの素材としてよく耳にします。 凄いことは分かるのですが、具体的に何が違うのでしょ...

よく耳にする撥水・耐水・防水の違いとは↓

撥水・耐水・防水の違いとは
どうも!でら釣りのはくです。 今回は撥水・耐水・防水の違いをご紹介いたします。 レインウェアや雨用の製品でよく見る言葉です。 しかし、具体的にどう違うのか分かりません。 ・何故、使い分けているのか。 ・本当はど...

釣りの雨対策ベスト20↓

釣りの雨対策ベスト20
どうも!でら釣りのはくです。 今回は釣りの雨対策ベスト20をご紹介いたします。 雨は、人には嫌われますが、魚にとっては恵みの雨です。 産卵の合図になったり、雨による栄養で色んな魚が活発に動き出します。 ...