シマノ SLX 150DC 2019年コスパ最強ベイトリール!!!

スポンサーリンク
SLX DC釣具・ウェア

どうも!でら釣りのはくです!

今回はシマノ SLX 150DCをご紹介します。

 

毎年、色んなベイトリールが登場しています。

かなり昔ですが、DCシリーズの登場は釣り業界に震撼が走りました。

……ですが、値段が高い、高すぎる!!!

 

そして、使っていくうちに、DCの精度の悪さや電子機械故の耐久性の低さが分かりました。

あれから時を経てDCは進化しました!

 

※注意※

アメリカのカタログから情報を引っ張り出しています。

数値に相当な誤差があります。

インチやヤードなど、なるべく置き換えています。

不思議に思う箇所が多いですが、ご了承ください。

世界が認めるコスパ最強リール

・シマノ SLX 150 DC

DCブレーキ搭載にも関わらずそのお値段なんと$189(約2万円)です!

しかし、アメリカとカナダのみの販売になります。

 

シマノは日本の会社なのに、日本では発売されない。

……俗に言う『※おま国』ですね。

 

※『売っているけど、お前の国籍が気に入らない。』の略称です。

または『お前の国には売らない。』とも言います。

シマノ SLX 150 DC

2019年ICASTで淡水リール部門優勝したリールです。

世界一の釣りの展覧会でその部門のトップに輝きました!

凄い!さすが、シマノ!

スペック一覧

ハンドルが右のモデルです。

型番ギア比重さozベアリングライン容量lb-yd値段$
SLXDC1506.3:17.64BB+1RB12/110,14/90$189.99
SLXDC150HG7.2:17.64BB+1RB12/110,14/90$189.99
SLXDC150XG8.2:17.64BB+1RB12/110,14/90$189.99

 

ハンドルが左のモデルです。

型番ギア比重さozベアリングライン容量lb-yd値段$
SLXDC1516.3:17.64BB+1RB12/110,14/90$189.99
SLXDC151HG7.2:17.64BB+1RB12/110,14/90$189.99
SLXDC151XG8.2:17.64BB+1RB12/110,14/90$189.99

シマノ SLX 150 DCの比較

SLX150DC各リールと比較していきます。

値段

$189になります。

$189は日本円で約2万円です。

 

日本で発売されているノーマルのSLXの値段はこちらです。

・SLX MGL 2万1000円

DCよりも高いのはなぜでしょうか。

これが日本で売れない理由かもしれません。

価格帯

価格から上と下を見ます。

上 スコーピオン   2万7000円
同じ SLX MGL   2万1000円
同じ カシータスMGL 2万1000円
下 バスワンXT    9千500円

『SLX DC』は価格破壊ではないでしょうか。

やっぱり、マーケティング的に大きく値段付けを間違えてる気がします。

 

アメリカのマーケットだと結構いい値段を狙ったリールになっています。

ギア比

ノーマルギア 6.3:1
HG(ハイギア) 7.2:1
XG(エクストラギア) 8.2:1

全て揃っています。

上 スコーピオン 7.2:1
同じ カシータス 7.2:1
同じ SLX MGL  8.2:1
下 バスワンXT   7.2:1

『SLX DC』は上位機種よりもラインナップが豊富ですね。

日本のSLXとは同じラインナップになります。

XGなら海釣りでも使い易いので嬉しいです。

ドラグ

12LBです。

12LBを㎏に直すと約5.4㎏です。

上 スコーピオン 5.5kg
同じ カシータス 4.5kg
同じ SLX MGL  5.5kg
下 バスワンXT   5kg

上位機種のスコーピオン日本のノーマルSLXほぼ同じですね。

カシータスが意外と弱いことが分かります。

重さ

7.6ozです。

7.6ozをグラムに直すと215gです。

上 スコーピオン 210g
同じ カシータス 190g
同じ SLX MGL  190g
下 バスワンXT   210g

この中では一番重くなります。

DCシリーズは総じて重くなります。

 

例えば、過去にはこんなDCシリーズもありました。

・カルカッタコンクエスト200 240g
・カルカッタコンクエスト200DC 260g

シマノの最高級シリーズでもDCにすると20gは重くなります。

SLX DCは25g重くなっています。

これはDCシリーズの宿命です。

 

ですが、上位機種のスコーピオンと比べると5g差です。

215gという重さはシマノのベイトリールとしては平均です。

スプール径直(径㎜/幅mm)

SLX DC専用スプールになっています。

ノーマルSLXとは違うスプールです。

 

ノーマルSLXとそこまで大きな差はないはずです。

上 スコーピオン 34/25
同じ カシータス 34/22
同じ SLX MGL  32/23
下 バスワンXT   34/22

ノーマルSLXはスプール径が一番小さいですが、幅はバスワンとカシータスより広いです。

これは、いろんな太さのラインを扱えるようになっているからです。

 

SLXはバーサタイルリールなので誰でも使い易い仕様になっています。

軽いルアーから思いルアーまで投げやすい大きさです。

ライン容量

10lb-120yd(2.5号-109m)
12lb-110yd(3号-100m)
14lb-90yd(3.5号-82m)

アメリカのライン規格は日本と違うので数字も結構変わります。

ラインはアメリカの方が太くなっています。

上 スコーピオン 12lb-165m,14lb-145m,16lb-120m
同じ カシータス 12lb-120m,14lb-100m,16lb-85m
同じ SLX MGL 12lb-100m,14lb-90m,16lb-80m
下 バスワンXT   12lb-130m,14lb-110,16lb-100m

『SLX DC』はライン12lb(3号)が100m巻けるのでどんな釣りでも使い易くなっています。

バス釣りだけでなく他の釣りでも使い易いサイズですね。

 

ちなみに、アメリカの『SLX DC』のカタログには、PEラインの糸巻量も載っています。

日本のシマノのカタログにはなかったので比較できまんでした。

 

PEラインの使用を最初から考えてくれているのは嬉しいです。

海でもDCが使えるのは、とても心強いです。

 

日本のライン規格一覧表はこちら↓

釣り糸の種類と号数の一覧表
どうも!でら釣りのはくです! 今回は釣り糸の種類と号数の一覧表をご紹介します。 釣具屋さんに行くと色んな種類のラインがあって迷ってしまいます。 号数ってなに?lbって何?種類もいっぱいある!? でも、大丈夫で...

巻上げ量(ハンドル一回転あたり何㎝)

ノーマルギア比 26inch(66cm)
HG(ハイギア) 30inch(76cm)
XG(エクストラギア) 35inch(88cm)

日本のSLXよりも少しだけ巻上げ量が多いですね。

上 スコーピオン 77cm
同じ カシータス 77cm
同じ SLX MGL   82cm
下 バスワンXT   77cm

『SLX DC』が最高の巻上げ量を叩き出しています。

 

ただし、日本のSLXとギア比が同じなのに数値が違うのはなぜでしょうか。

アメリカと日本の測り方の違いかもしれません。

または、アメリカ人の大雑把さが出ている可能がとても高いです!!!

 

それに加えて、インチ(inch)だと誤差が相当大きくなります。

実際は、日本のSLXと変わらない数値だと思います。

ハンドルの長さ(㎜)

調べても書いてありませんでした。

上にあるようにギア比が同じでも巻上げ量が多い場合、ハンドルが長いと巻上げ量が多くなります。

 

シマノ標準の42㎜よりも長いはずです。

 

ただし、アメリカ人の大雑把な誤差が発生している可能性もあります。

その場合、シマノ標準規格の42㎜です。

上 スコーピオン 42mm
同じ カシータス 42mm
同じ SLXMGL   42mm
下 バスワンXT   42mm

全てシマノ標準規格ですね。

ベアリング数

BB 4
ローラー 1

SA-RBなのかBBなのか具体的なことは分かりませんでした。

 

調べてもパーツリストとかありませんでした。

アメリカの人たちはどうやってパーツを注文しているのでしょうか。

上 スコーピオン SA-RB7,ローラー1
同じ カシータス SA-RB2,BB2,ローラー1
同じ SLX MGL BB4,ローラー1
下 バスワンXT   SA-RB4,ローラー1

『SLX DC』は海水OKなのできちんと防錆加工がしてあります。

グリップ

I字型の樹脂グリップです。

色はマットブラックです。

一般的なタイプのグリップになります。

デザイン

日本のSLXとほぼ同じです。

『SLX DC』は日本のSLXよりもブラックとブルーのコントラストがより強調されています。

見た目がグッと引き締まったデザインになっています。

 

具体的にはスプール、メカニカルブレーキ、ハンドルのナットブルーで装飾されています。

シックで落ち着いたデザインです。

これなら、40代や50代の大人が使っても似合いますね。

シマノ SLX 150 DCは買いかなしか

断然、有りです!

上の方でも書きましたが、価格破壊が起きています。

 

アメリカのストアを見たら売り切れで9月初旬に再入荷となっていました。

これから、アメリカとカナダのYOUTUBEなどで実釣レビューが増えます。

それを見て判断するのも有りですね。

 

その中のひとつ、可愛い女の子がバスボートで釣りをしながらレビューしています。

レディバスのイザベラちゃんが可愛い!海外の釣りガールは格が違った!
どうも!でら釣りのはくです! 先日、YOUTUBEでエンチョンTVのジェイ・ジャングちゃんというチャンネルを見ていたら、おススメに別の釣りガールが出てきました。 カナダの釣りガールで釣りが上手いですし、説明などが凄く丁寧...

日本でも遂に発売 SLX DC↓

シマノ SLX DCがついに日本で発売 世界一のベイトリールが来ました!!!日本版とアメリカ版の違いがあります。
どうも!でら釣りのはくです。 ついにSLX DCが日本で発売されます。 2019年の世界一のフィッシングショーICASTで、ベイトリール淡水部門で一位に輝いたSLX DCが日本で発売されます。 いやぁ~やっと来まし...