ティラピアをルアーで釣る方法 荒子川育ちがご紹介します。

スポンサーリンク
ティラピアをルアーで釣る方法釣具・ウェア

どうも!でら釣りのはくです。

今回はティラピアをルアーでも釣る方法をご紹介します。

 

以前、冬でも爆釣できる魚としてご紹介したティラピアですが、ルアーでも釣ることが出来ます。

トップでもガンガンアタックしてくるので、かなり面白いターゲットです。

ティラピアなら冬でも熱いゲームフィシングが出来ます。

ティラピアとは

アマゾンのナイル川が原産の魚です。

第二次世界大戦後、貴重なたんぱく源の食用魚として日本に持ち込まれました。

 

日本では、イズミダイまたはチカダイと呼ばれています。

有名な話だと、100円寿司の鯛はこのティラピアを使っていました。

 

もっと詳しいティラピアの情報はこちら↓

冬でも爆釣できるティラピア釣り!
どうも!でら釣りのはくです! 今回は冬でも爆釣できるティラピア釣りをご紹介します。 冬の釣りって辛いですよね。 魚は釣れないし、寒し、体は動かないし、釣れないし。。。 それでも釣りたいのが釣り人の性です。 ...

ティラピアをルアーで釣る方法

ティラピアをルアーで釣る
・ライトタックルと小さ目のルアーで釣ります。

ティラピアは食パンで釣るのが一般的です。

食パンなら子供でも簡単に釣れます。

 

しかし、ティラピアをルアーで釣るのも、また別の楽しさがあります。

何より、ティラピアは真冬でもルアーで釣れる貴重な相手です。

真冬にルアーで爆釣なんて、普通ならなかなかありません。

ティラピア 釣れる時期とシーズン

・一年中釣れます。
・産卵期は特殊な釣り方になります。

産卵期は、釣り方が少しだけ特殊になるだけです。

ティラピアの産卵期の釣り方が、きちんとあります。

ティラピア 釣れる時間

・一日中、年中無休の24時間営業です。いつでも釣れます。
・ティラピアは、いたら釣れます。

朝から夜中までいつでも釣れます。

夜釣りは危険が多いのでご注意ください。

ティラピア ロッドとリール

・トラウトの管理釣り場用タックル
・バス用タックル
・アジング用タックル
・メバリング用タックル
・ライトルアータックル

ティラピアは、小さいルアーを使うライトゲームなので、柔らかめのタックルなら全然問題ありません。

これらのタックルでお手軽に遊ぶことが出来ます。

ティラピア ライン

・ナイロン3lb~5lb

デカいティラピアを釣るなら5lbは欲しいです。

ティラピアの50㎝でもナイロン5lbで十分に釣れます。

 

ティラピアは、良く引く魚です。

ティラピアの50㎝はブラックバスの50㎝よりもよく引きます。

 

ロッドも半月に曲がりますし、ドラグもガンガン引き出されます。

釣っていてドキドキ感も半端じゃないです。

ティラピア ルアー

・ポッパー
・ペンシルベイト
・クランクベイト
・バイブレーション
・ミノー
・スプーン
・ジグヘッド
・ラバージグ
・ワーム

5㎝前後のルアーならどれでも釣れます。

 

ただ、クランクベイトよりもバイブレーションの方が良く釣れます。

バイブレーションよりもミノーの方がもっと釣れます。

 

ティラピアは、水面か中層で止まるルアー、または、ゆっくりと浮き沈みするルアーが好きです。

水質がクリアな場所では、ルアーは簡単に見切られるのでカラーは3色以上用意するか、別のルアーに変えた

が良いです。

ティラピア 実績のあるルアー

・レーベル ポップR50 ボーンカラー、シルバーカラー、クリアカラー
・ラッキークラフト ベビーポッパー50 ワカサギカラー、アユカラー、クラウンカラー
・ヘドン ザラパピー シルバー、レッドヘッド、クリアカラー
・ラッキークラフト ベビーバイブ50 ワカサギカラー、アユカラー、チャートカラー
・ラパラ フローティング3・5 シルバー、オレンジ、ブルー、トラウト
・ラパラ カウントダウン3・5 シルバー、オレンジ、ブルー、トラウト
・バスディ シュガーミノー40F/S・50F/S ソルトカラー クリアラメ、チャート、赤金
・メガバス X-70 オイカワ、アユ

・トラウト用スプーン3g、5g シルバー、ゴールド
・1/16oz~1/8ozジグヘッド
・1/8oz~1/4ozラウンドラバージグ 黒
・ZOOM タイニーブラッシュホグ3インチ パール、グリパン
・エコギア ロッククロ―2インチ パール
・エコギア バグアンツ2インチ パール、ボトムバーサタイル

50㎝以上のティラピアを釣った実績があるルアーたちです。

スプーンは、買ったままだと針が良く曲がるのでご注意ください。

私はトリプルフックに変えました。

ティラピア ルアーの釣り方

・動かさない釣り方
・巻く釣り方
・特殊な釣り方

ティラピアをルアーで釣る場合、この3種類の釣り方があります。

その日の状況によって、ルアーの動かし方を変えます。

動かさない釣り方

・ティラピアの活性が低い時
・ルアーにアタックしてこない時
・曇りや夜に釣る時

このような状況では、動かさない方が釣れます。

5秒から10秒に一回アクションで十分です。

 

ルアーの動く距離も短くします。

激しく大きく動かすと、ティラピアが警戒して逃げていきます。

水の流れにのせて一か所でネチネチやる方法も有りです。

巻く釣り方

・水質が濁っている場所
・ティラピアの活性が高い時
・ティラピアがいるかどうかを調べる時

こんな時には、ルアーを巻いて使います。

小さく動かし続けるのも効果的です。

 

この時のティラピアのアタリは、ルアーを引っ手繰るような強烈なアタリです。

ロッドが一気に持っていかれるので注意してください。

地元の小学生たちがよく釣り竿を持っていかれて川に落としています。

特殊な釣り方

・産卵期のベッドの釣り方

特殊な釣り方とは、産卵期のベッドのティラピアを釣る方法です。

ジグヘッドとラバージグは、産卵期のベッドを釣る時だけ使います。

 

ベッドにルアーを放置するだけで、ティラピアが食ってきます。

簡単で確実に釣れます。

 

釣った魚はすぐに逃がせばベッドをまた守り始めます。

しかし、一度釣られたティラピアをもう一度釣るのは難しいです。

ティラピア釣り 絶対にやってはいけないこと

・水辺に近づくこと。
・水面に影を落とすこと。
・大きな音を出すこと。

ティラピアは、水面近くにいるので、人間と目が合うと直ぐに逃げます。

逃げた後はしばらくの間、釣れなくなります。

 

水辺から離れて釣りをするとずっと釣り続けることが出来ます。

友達と話したり、騒いだりするのは大丈夫ですが、大きい音を出すとティラピアは警戒して逃げていきます。

ティラピア釣り フィッシュグリップは必要か

絶対に必要です。

ティラピアにフィッシュグリップがあるととても便利です。

 

ティラピアは口が小さいので持つことが出来ません。

持っている時にティラピアが暴れると危険です。

 

クロダイ釣りなどで使う小型のフィッシュグリップが丁度使い易いです。

おススメなのは、プラスチック製フィッシュグリップです。

 

プラスチックなので、魚を傷つけませんし軽いです。

コンパクトでポケットにも入ります。

 

水に落としても浮くので回収も簡単です。

釣り具屋さんで300円ほどで売っています。

ティラピア釣り 食パンは必要か

食パンは、釣れない時の秘密兵器です。

ティラピアは食パンが大好きです。

 

どこのティラピアでも食パンで簡単に釣れます。

真冬でも、めちゃくちゃ釣れるので爆釣したい方は是非おススメです。

ティラピアをルアーで釣る方法 まとめ

・ライトタックルで十分釣れる。
・ルアーでの釣り方は3種類ある。
・小型フィッシュグリップは必須。
・食パンはあると楽しい。

ティラピア釣りは、一年中楽しめる貴重な釣りです。

特に、真冬でも釣れるのは釣り人にとってありがたいことです。

 

荒子川 はくの釣行記 パンとルアーで釣ってきました。

荒子川 ティラピア釣り パンとルアーで釣りました。
どうも!でら釣りのはくです。 先日、荒子川のティラピア釣りへ行ってきました。 動画も撮りましたので、実際にティラピアがパンを食べる瞬間も分かります。 ただ、GoProが勝手に切れたので、一部しか撮れていません。 ...

真冬でも釣れる楽しい釣り堀の紹介はこちら↓

釣り堀 名古屋のおススメスポット
どうも!でら釣りのはくです! 今回は釣り堀 名古屋のおススメスポットをご紹介します。 愛知県には、釣り堀がたくさんあります。 しかし、満足のいく釣り堀が少ないのも事実です。 ・釣れる。 ・安心して遊べる。 ・...

冬の釣りを暖かく快適に過ごすための装備はこちら↓

冬の釣りの服装や快適に過ごす必須アイテム!
どうも!でら釣りのはくです! 今回は冬の釣りでの服装や快適に過ごす必須アイテム!をご紹介します。 冬になると釣りをお休みする方も多いですが、私は行きます! ですが、冬の釣りは正直厳しいです。 寒いし、...

信頼できる2大ノットはこちら↓

パロマーノットは超簡単なラインの結び方♪アメリカのバスプロに大人気
超簡単な釣り糸の結び方とは こんにちは、でら釣り はくです。昔は釣具屋の店員をしておりました。 その時にお客さんから多くの質問をいただきました。 今回は、その中のひとつをご紹介致します。 超簡単な釣り糸の結び方で...
ハングマンズノットはアメリカのバスプロに大人気のノット!
それがハングマンズノットです。 アメリカのバスプロたちがよく使っていることで有名ですね。 パロマーノットと同じぐらい人気です。 アメリカのバス釣り本でも必ずと言っていいほどよくでてくる釣り糸の結び方です! 何...