アメリカで戦うバスプロ フィネスマスター深江真一が語る『100ポンド釣るならこのタックル』

スポンサーリンク
MLF深江真一サムネイル釣具・ウェア

MLFがまた面白い動画をあげていました。

プロ一人一人が、自分の一番得意とするフィッシングスタイルを解説するというものです。

今回は、フィネスマスター深江真一さんです。

フィネスマスター深江真一とは

日本では琵琶湖の南湖で活動されていましたね。

アメリカFLW参戦の際に、下野さんにボートを借り、色々とお世話になったそうです。

 

FLW参戦一年目でアングラ―オブザイヤーを獲った才能の持ち主でもあります。

FLWの会場では、ジョークを飛ばしたり、会場を盛り上げたりするユーモア溢れる方です。

フィネスマスター深江真一の100ポンドセッティング

深江真一さんが動画内で『朝から晩までに100ポンドの量のバスを釣るならこのセッティング』ということで紹介していたタックルです。

タックルはこちら↓

ロッド:シマノ エクスプライド 7ft ミディアム 欧米モデル
リール:シマノ ヴァンキッシュ
ライン:YGK Gソウル シンキング ブレイデッドライン ポンド数不明
リーダー:フロロカーボンライン(商品名は言わず) 8lb
フック:がまかつ Gフィネス スイベルショット 大きさ不明
ワーム:ゲーリー カットテール たぶん4インチ
シンカー:不明

『20ft(6m)を超えるディープでもトラブルはない。』

とのことです。

 

リグはフィネスマスターらしく、ドロップショットリグです。

しかも、魚群探知機でポイントを見つけたら、そこへ投げ込む。

 

一点集中型のドロップショットのようです。

昔はメガバスを使っていましたが、現在はシマノに変わりました。

 

ラインシステムはPEラインとリーダーの組み合わせです。

アメリカのフィネスでは珍しくありません。良く使われているセッティングです。

 

ワームはやっぱり、ゲーリー!定番です。

ワームのつけ方は、ワッキーリグのようにつけています。

 

フックは深江真一さんが開発したフックですね。

このスイベルフックが、ドロップショット特有の絡みを防いでくれます。

糸がよれる度に結びなおさなくて良くなります。

 

昔、地元のローカルトーナメントの優勝ルアーが『カットテールのカットしたテール』だったことがありました。

『どんだけフィネスなんだ』と、会場のみんなから突っ込まれていました。

フィネスマスター深江真一さんの使い方

『魚群探知機で探して、ポイントを見つけ次第キャストする。

立ち木水底から生えている木(ブラッシュパイルのこと)の周りで使う。

これで100ポンド(45kg)釣れる。ぜひ試してみて。』

おお~具体的なアドバイスです。

なんか、話を聞いただけで釣れそう。

 

これでフィネスマスターに一歩近づけますね。

MLFと丁寧に教えていただいた深江真一さんに感謝です!

MLFやBASSなどアメリカのバストーナメントのざっくりした説明はこちら↓

アメリカのバス釣り大会をざっくり説明します!
アメリカのバス釣り大会は、日本とは規模も質も賞金も何もかもが違います。 共通しているのは、ブラックバスという魚を釣ることだけ。 アメリカでバス釣りは国技、国の公認スポーツになっています。 そんなバス釣りで大会を主催するのが、BAS...

実際のバストーナメントの様子はこちら↓

FLW Lake Champlain Day3サイトフィッシング道具とピザの話題で盛り上がった話
どうも、でら釣りの【はく】です! 昨日、日本時間で06月29日21時頃から熱い試合がありました! FLW(※) レイク チャンプレイ 3日目 (※)FLWとは、FISHING LEAGUE WORLDWIDE。フィッシング...
FLW2019Lake Champlain winnerアメリカのバスプロたちが使ったルアートップ10
FLW TOUR 2019 06/27-30 LAKE CHAMPLAIN レイクチャンプレイ 新しい発見がある試合でしたね。いやぁ~いい試合でした。 Day3の記事はこちら↓ FLW 2019 LAKE CHAMPLAINの結...