FLW LAKE CHICKAMAUGA Day2実況 2020年第4戦

スポンサーリンク
FLWレイクチカモーガ2日目2020年釣り日記

どうも!でら釣りのはくです。

FLW LAKE CHICKAMAUGAのDay2実況です。

 

Day1はジョン・コックス選手が魅せました。

このまま順調に行くのでしょうか。

 

ロン選手のAOYはどうなるのでしょうか。

楽しみなDay2が始まります。

開催日時

現地時間:2020年6月24日(水) 8時~14時
日本時間:2020年6月24日(水) 21時~翌3時

いつもより早いのはサマータイムです。

アメリカにはサマータイムがあるので、その所為で日本との時差に1時間のズレがあります。

開催場所

場所:テネシー州チカモーガ湖

1940年、チカマウガダムが出来た時に作られた貯水池がチカモーガ湖です。

貯水池なので、季節や天候によって水深が変化します。

実況解説

実況:トラビス・モーラン(Travis Moran)
解説1:トッド・ハウウェル(Todd Howell)
解説2:マルティ・ストーン(MARTY STONE)

今日もマルティさんがいます。

特別参戦です。

 

マルティさんの喋りが長いです。

選手が釣ったシーンやトラビスさんが説明している時でも、構わず喋り続けています。

 

YOUTUBEコメントでも『シーッ』と言われています。

今日のおつまみ

ピザとエナジードリンク

・モンスターエナジー
・ピザ

観戦セットです。

やっぱりこれです。

当日のキーは?

・シャローに多くの魚がいる。
・天気の変化が気になる。
・凄くエリアが長いからどこで釣るかがポイントのひとつになる。

レイクチカモーガは凄くエリアが長いです。

上に原発があり、下にはベイエリアがあります。

 

全体的にシャローはありますが、どこで釣るかで大きく違が出ます。

去年よりもかなりタフな状況ですが、今年はどうなるのでしょうか。

ビックフィッシュ賞

1日目 レンデル・マーティン・ジュニア(LENDELL MARTIN JR)選手 9lb-8oz
賞金$500(53,250円)

こんなビッグサイズは、試合で狙うサイズじゃないです。

それを釣っちゃうんだから半端じゃないです。

 

本当に凄いです。

実況 2日目

ライブは6時間あるので時間に余裕がある時にどうぞ。

1時間ごとに区切っているので、タイムシフトのような感じです。

釣ったシーンや気になったシーンだけをピックアップしていきます。

開始~1時間

0:13 すでにリミットメイク達成している選手がいます。

 

0:14 ジョン・コックス(JOHN COX)選手です。

既に1匹釣っています。

昨日と同じで朝一はフロッグです。

水面一面が水草のシャローエリアで投げています。

ナイスバスです。

フロッグで出るバスは良いサイズが多いです。

 

0:19 ジェイコブ・ホイーラー(JACOB WHEELER)選手が釣りました。

沖で底を釣っています。

これで3匹目です。

 

0:22 ジェイコブ選手が合わせ切れをしましたが、ラインを回収して手釣りをしています。

昔アイクさんもやっていましたが、これもルール上はありです。

良いキーパーです。

出血したのでケアジュースをかけてライブウェルに入れます。

 

0:24 ジャスティン・ルーカス(JUSTIN LUCAS)選手がスピニングで釣ります。

ドロップショットでキーパーサイズを釣りました。

これで3匹目です。

沖のエリアをドロップショットで早めに釣っています。

シェイクはしていません。

ロングキャストして早めのズル引きです。

 

0:34 ジェイソン・リーズ(JASON REYES)選手です。

1匹デカバスを釣ってます。

8lbはありそうです。

今日のビックフィッシュ賞でしょうか。

沖のグラスエリアを丁寧にテキサスで釣っています。

10mも投げていません。

 

0:40 Day1のビッグフィッシュ賞を取ったレンデル選手です。

ピンクのシャツで背中に大きな鹿の絵があります。

今日はまだ釣っていません。

シャローのブッシュをテキサスで丁寧に撃っています。

 

0:48 リプレイです。

ジェイコブ選手が釣っています。

ナイスバスです。

これで4匹目です。

 

0:50 ジョン・コックス選手です。

あれから一匹追加して2匹です。

 

0:58 またYOUTUBEがクラッシュしました。

FLWホームページで見ます。

1時間~2時間

1:11 ジャスティン選手です。

ミスです。

足元でバレました。

ジャスティン選手サンダルです。

日本のバスプロでは考えられないリラックスしたスタイルです。

 

1:27 ジェイソン選手です。

センコーで見つけた沖のグラスをひたすら釣っています。

ペッパーグラスとかいうグラスだそうです。

なんでしょうか。

調べたらマメグンバイナズナという陸生の植物が出てきました。

サラダの付け合わせに使うとかも出てきたんですが、絶対に違います。

グラスの地方名でしょうか。

 

1:32 リプレイです。

ジェイコブ選手がクランクで釣っています。

ラパラのDTクランクです。

グラスを釣るクランクとして定番中の定番で琵琶湖でも定番です。

これでリミットメイク達成です。

 

1:40 ジョン・コックス選手はシャローのドッグをスピニングで撃ち始めました。

 

1:41 ジョシュア・ウィーバー(JOSHUA WEAVER)選手がエレキの故障です。

リプレイです。

朝一、トップで3匹釣っています。

凄いボイルを発見して一気に3匹釣りました。

エレキの故障で朝一の勢いがなくならないか心配です。

2時間~3時間

2:00 ジャスティン選手です。

既に5匹釣ってリミットメイク達成しています。

 

2:02 リプレイです。

ジェイソン選手がまたもビッグバスを釣りました。

シャローの少し沖をズル引きで丁寧に釣っています。

やばいです。

センコー5インチの尻尾にネイルシンカーを入れてバックスライドをさせています。

あとは普通のテキサスリグです。

これがデカバスキラーのリグです。

 

2:12 リプレイです。

ジェイコブ選手がナイスバスを釣りました。

 

2:13 ジェイコブ選手が再びナイスバスです。

見事に入れ替えです。

どんどんウェイトを増やしていきます。

沖のエリアで底を釣っています。

 

2:16 ジェイコブ選手がミスです。

アタリはありましたが、掛かりませんでした。

 

2:17 ジェイコブ選手が今度こそ掛けました。

なんとか入れ替えです。

ジェイコブ選手の時間です。

どんどん入れ替えていきます。

 

2:30 ダコタ・エバレ(DAKOTA EBARE)選手です。

既にリミットメイク達成しています。

シャローから少し沖で底を釣っています。

ダコタ選手もサンダルです。

 

2:34 リプレイです。

ジョン・コックス選手が3匹目をシャローのスピニングで釣りました。

今は沖のエリアで巻物をやっています。

 

2:46 ジェイソン選手がミスです。

沖のエリアで同じ釣りをしています。

3時間~4時間

ここからは後半戦です。

 

3:14 リプレイです。

ジェイソン選手が5匹目を釣りました。

ナイスキーパーです。

釣り方は変わっていません。

沖のエリアで底をセンコーのテキサスで丁寧に釣っています。

 

3:20 ジェイソン選手が釣ります。

ほぼ同じサイズで入れ替えを迷っているようです。

 

3:23 ジョン・コックス選手がキーパーサイズを釣りました。

シャローをスピニングのワームで釣っています。

入れ替え完了です。

バークレイのジャークシャッドをノーシンカーで使っています。

 

3:45 振り返りとスタジオです。

 

3:52 クリス・ジョーンズさんのインタビューです。

本当にクリスさんはインタビューが上手いです。

 

3:59 ダコタさんがまたミスです。

足元でバラしました。

沖でクランクをしています。

4時間~5時間

4:00 ダコタ選手がクランクでまたバラしました。

ジャンプ一発でバレています。

これで今日は3匹もバラしています。

 

4:07 ダコタ選手がクランクで釣りますが、小さいノンキーです。

 

4:08 ダコタ選手がまたバラします。

テールフックに一本だけ掛かっていたようです。

 

4:22 リプレイです。

ジェイソン選手がまた釣りました。

3フィートから4フィートの水深で釣っています。

ずっと同じバックスライド仕様センコーのテキサスです。

 

4:33 上位陣が同じエリアに集まっています。

ジョン・コックス選手、ダコタ選手、ジャスティン選手、ジェイコブ選手が凄く違いエリアにいます。

 

4:40 ジョン・コックス選手がサイトフィッシングで掛けました。

5lbは確実です。

周りのファンボートから拍手が送られます。

5時間~6時間 終了

ラストスパートです。

 

5:09 リプレイです。

ジョシュア選手がスピニングのドロップショットで釣りました。

沖のエリアで底を丁寧に釣っています。

隣にもう一艇ボートがいます。

隣同士で仲良く釣りをしています。

 

5:12 ジョシュア選手がまた掛けました。

しかし、小さいノンキーパーです。

ジョシュア選手もアーロンマーテンズと同じで4フィンガーグリップです。

ドロップショットやる人は皆この持ち方になります。

 

5:20 リプレイです。

ジェイコブ選手がナイスサイズ4lbを追加します。

釣り方が、底を跳ねさせるようなロッドアクションに変わっています。

少しだけウィードのあるエリアで釣っています。

 

5:24 ジェイコブ選手がミスです。

掛けて直ぐにバレました。

 

5:30 ジェイソン選手が入れ替えです。

もはや、独走状態です。

 

5:50 最後でコール・フロイド(COLE FLOYD)選手がハイウェイトをたたき出しました。

 

Day2終了です。

お疲れさまでした。

FLW LAKE CHICKAMAUGA Day2 結果

1位 ジェイソン・リーズ(JASON REYES)選手 46lb-2oz
2位 ジェイコブ・ホイーラー(JACOB WHEELER)選手 45lb-9oz
3位 コール・フロイド(COLE FLOYD)選手 43lb-12oz

去年に比べてタフな状況でしたが、だんだんハイウェイトが出始めています。

これは、Day3とDay4にも期待できます。

FLW LAKE CHICKAMAUGA Day2 まとめ

・ジェイソン選手がデカバスを連発。
・またもYOUTUBEライブがクラッシュ。

ジェイソン選手がデカバスラッシュでした。

しかし、最後の最後でコール選手にまくられました。

 

Day1に続き、最後まで油断できない状態でした。

 

ここまで、お読み頂きありがとうございます。

それでは、よいフィッシングライフを!

 

Day1実況はこちら↓

FLW LAKE CHICKAMAUGA Day1実況 2020年第4戦
こんばんはからおはようまで、はくです。 FLWがコロナから復活しました! FLW LAKE CHICKAMAUGA Day1実況 2020年の第4戦目です。 今回は、スーパートーナメントと言って賞金額がスーパーにな...

第3戦の優勝ルアーと釣り方やエリア選択はこちら↓

FLW マーティン湖 2020年 第3戦 優勝ルアー
どうも!でら釣りのはくです。 FLWマーティン湖2020年第3戦の優勝ルアーをご紹介いたします。 プリのバスを※スイムベイトで釣るのは定番の釣り方です。 それで、リミットメイクのキッカーとデカバスを釣りました。 ...

第2戦の優勝ルアーと釣り方やエリア選択はこちら↓

FLWハリス湖 2020年第2戦目の優勝ルアー
どうも!でら釣りのはくです。 今回はFLWハリス湖の優勝ルアーをご紹介いたします。 いや~先日の試合は凄かったです。 最後の最後でどんでん返しが起きました。 その奇跡を起こしたルアーたちをご紹介いたし...

第1戦の優勝ルアーと釣り方やエリア選択はこちら↓

FLW SamRayburn Day5 2020年 第一戦優勝者インタビュー
どうも!でら釣りのはくです。 今回はFLWサムレーバーン戦の優勝者インタビューをご紹介いたします。 実は、FLWサムレーバーン5日目というのがあります。 これは、優勝者と釣りをしながら記者がインタビューするという形...