スポンサーリンク

シマノ クラドDC200XGにカーボンハンドルに付けてみました。

クラドDC200XGにカーボンハンドルを付ける釣具・ウェア

どうも!でら釣りのはくです。

クラドDC200XGにカーボンハンドルに付けてみました。

 

作業は10分もせずに終わりました。

カーボンハンドルは※ポン付けで付きました。

 

本当に楽に交換出来ました。

さっそく行ってみましょう。

 

※ポン付けとは、何も特殊な工程や改造など必要なく取り付けが可能なこと。

クラドDC200XGとは

クラドDC

・シマノの海外向けデジタルコントロールリールです。

クラドDC200XGは、使い易いリールです。

巻き心地も軽くて、握り易い形で非常に釣りをしていて楽です。

 

見た目もシックで大人しいデザインなので、大人が使っても恥ずかしくないですね。

 

クラドDC200XGの紹介はこちら↓

シマノ クラドDC 2022年モデル 世界的デジコンスタンダードリールの登場
どうも!でら釣りのはくです。シマノ クラドDC 2022年モデルが発売となります。いやぁ~待ってました。ナイロン20lbが100m巻ける大容量キャパDCリールです。海外遠征やビッグベイト、海での使用なども考えられているモデルです。今回の比較...

何故、ハンドル交換したのか

ハンドルの比較

画像の上がクラドの純正ハンドル、下がカーボンハンドル。

・クラドにカーボンハンドルを付けて見たかったから。
・デザインを変えて楽しめるから。
・結果的に釣り幅が広がった。

上がクラドに初めから付いている純正品ハンドルです。

下が付け替えるカーボンハンドルです。

 

こうやって比べるとハンドルノブの大きさが目立ちますね。

純正品の方が、カーボンハンドルよりも、かなり大きくなっています。

 

ハンドルの長さはほぼ同じです。

しかし、ハンドルノブは握ってみても差を感じます。

 

純正品の方がしっかりと握れて大きいので安心感があります。

カーボンハンドルの方は、軽くて握り易いです。

 

どっちも良い所が違うので、釣りごとに使い分けていきたいと思います。

 

交換したカーボンハンドルはこちら↓

クラドDC200XG ハンドル交換の仕方

ハンドルとリール

必要な道具
・ドライバーセット
・ミニレンチ
手順
1.ハンドルを外す。
2.付け替える。
3.完了。

本当に簡単です。

道具の使い方に慣れている人なら3分も掛からずに終わると思います。

 

綺麗に付けれて、失敗もしませんでした。

簡単に見た目が変わるのはやってても楽しいですね。

 

ハンドル交換が出来る道具はこちら↓

クラドDC200XGにカーボンハンドル まとめ

ベイトリールにカーボンハンドル

・ハンドルの使い分けで釣り幅が広がる。
・デザインの遊びも出来る。

ハンドル交換は簡単に出来て楽しいです。

見た目がガラッと変わるのでデザインも変わってきますね。

 

これは個性が出る部分かもしれません。

釣りの幅も広がって選択肢が増えました。

 

是非、皆様も試してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、今よりももっと釣り具が格好良くなるかもしれません。

 

ここまで、お読み頂きありがとうございます。

それでは、よいフィッシングライフを!

 

交換したカーボンハンドルはこちら↓

ハンドル交換が出来る道具はこちら↓

クラドDC200XGの紹介はこちら↓

シマノ クラドDC 2022年モデル 世界的デジコンスタンダードリールの登場
どうも!でら釣りのはくです。シマノ クラドDC 2022年モデルが発売となります。いやぁ~待ってました。ナイロン20lbが100m巻ける大容量キャパDCリールです。海外遠征やビッグベイト、海での使用なども考えられているモデルです。今回の比較...

クラドDC200XGのざっくりレビューはこちら↓

クラドDC200XG 2022モデルのレビュー やっと手に入れました。
どうもでら釣りのはくです。ようやく、クラドDC200XG 2022モデルを手に入れました。よっしゃあ~!届いたばっかりですが、ひとまず、ざっくりレビューです。それでは、さっそく行ってみましょう。クラドDC200XG 2022モデル 値段・メ...

リールのドラグ設定が分かり易いYOUTUBE動画はこちら↓

リールのドラグ設定が分かり易いYOUTUBE動画をご紹介
どうも!でら釣りのはくです。今回は、リールのドラグ設定が分かり易いYOUTUBE動画をご紹介します。ドラグとは、リールに付いている大事な機能のひとつです。ドラグがある事で釣り糸の限界を超えずに魚を釣りあげることが出来ます。これを使いこなせば...