一発で釣竿に糸を通す方法。もう何度もやり直さなくていい!

スポンサーリンク
釣竿に糸を通す方法サムネイル釣り初心者

釣りの準備は時間がかかります。

その中でもロッドに糸を通すのは結構大変です。

 

ガイド(輪っか)がいっぱいあるし、釣り竿は長いし、

釣り場で準備していると風が吹いたり厄介この上ないです。

 

釣竿に糸を通す途中で糸を手放してしまいまた一からやり直しなんてことも良くあります。

そんなこんなで意外と時間がかかってしまいます。

そこで今回は一発で釣竿に糸を通す方法をご紹介します。

 

やることは簡単です。

1.チチワ(輪っか)を作る。

2.いつものようにロッドに糸を通す。

3.完成!

 

何を言っているんだ?と思うかもしれませんが、大丈夫です!

百聞は一見に如かず

言葉にするより見た方が分かり易いです。

 

簡単なチチワ(輪っか)の作り方はこちら↓

簡単に釣り糸でチチワ(輪っか)を結ぶ方法 二重止め結びダブルオーバーハンドストッパー
前回の二重8の字結び(エイトループ)に引き続き、輪っか(チチワ)の作り方です。 今回は二重止め結び(ダブルオーバーハンドストッパー)です。 二重8の字結び(エイトループ)よりも簡単です。簡単過ぎます。こちらも同じぐらい早...

一発で釣竿に糸を通す動画

チチワ(輪っか)のおかげで、すっぽ抜けません。

きちんと止まってくれるんです。

一発で釣竿に糸を通す時に絶対やってはいけないこと

チチワ(輪っか)を小さく作る。ガイド(釣り竿の輪っか部分)をすり抜けてしまう。

一発で釣竿に糸を通す方法

釣竿に糸を通す方法輪っかを作る

釣竿に糸を通す前に、チチワ(輪っか)を作ります。

チチワの大きさは、一番大きいガイド(釣竿の糸を通す部分)よりも少し大きめがおススメです。

釣竿に糸を通す方法ガイドに通す

チチワをガイドに通していきます。

釣竿に糸を通す方法完成

もし手を放しても、写真のようにチチワがガイドに引っかかって止まってくれます。

これで、いちからのやり直しがなくなります。

一発で釣竿に糸を通すコツ

・チチワ(輪っか)の大きさは一番大きいガイド(釣り竿の輪っか部分)よりも少し大きめがおススメです。
・チチワを作って余った糸は、ロッドに糸を通すまで切らないで下さい。そこがガイドに引っかかってくれることもあります。

釣竿の準備はバッチリです!

あとは針に糸を結んで魚を釣るだけ!

 

オモリやスイベルを結ばなくてもいい方法はこちら↓

釣り糸を結ぶのが面倒な時はワンタッチスイベルに改造しよう!
釣りでスイベル(サルカン)は、とても便利でよく使います。 エサ釣りや船釣りでは、なくてはならない存在です。 しかし、スイベルを使うときは、釣り竿側と仕掛け側で2回も糸を結ばなきゃいけないのが面倒です。 そこで、普通のスイベ...
もう釣り糸を結ばなくていい!オモリ改造ワンタッチシンカー
ワンタッチシンカー(オモリ)はすぐに作れます。 やり方は簡単!ペンチでオモリの糸を通す場所を潰すだけ。 超簡単お手軽です!前回、ご紹介したスイベル改造ワンタッチスイベルと一緒です。 実はこのオモリ改造ワンタッチシン...

ガイド(釣竿の輪っか部分)のない釣り竿の準備はこちら↓

ぶしょう付けで簡単にのべ竿に糸を結べる。
今回は、簡単にのべ竿に糸を結ぶ方法をご紹介します。 以前、簡単にリールに糸を結ぶ方法で、アーバーノットとユニノットをご紹介しました。 のべ竿にユニノットやアーバーノットで結んでも問題はありません。 しかし、釣りを終...

簡単な釣り針の結び方はこちら↓

パロマーノットは超簡単なラインの結び方♪アメリカのバスプロに大人気
超簡単な釣り糸の結び方とは こんにちは、でら釣り はくです。昔は釣具屋の店員をしておりました。 その時にお客さんから多くの質問をいただきました。 今回は、その中のひとつをご紹介致します。 超簡単な釣り糸の結び方で...