アニサキスの症状と治療 厚生労働省が推奨する予防方法

スポンサーリンク
アニサキスの症状と治療料理

どうも!でら釣りのはくです。

今回はアニサキスの症状と治療、厚生労働省が推奨する予防方法についてご紹介いたします。

 

海釣りをしていると必ず出会うのがアニサキスです。

しかも、知識がないと危険な寄生虫でもあります。

 

しっかりとした知識と対策さえ知れば、大丈夫です。

それでは、ざっくりとご紹介させていただきます。

アニサキスとは

・魚に住む寄生虫の一種です。

アニサキスは、長さ2㎝~3cm、太さ1mm程度の白くて細長い糸のような見た目です。

アニサキスは、サバやアジ、サンマやイカなど多くの魚類に寄生します。

 

寄生している魚が死ぬと、内臓から筋肉に移動することが分かっています。

サケやマスなどは、最初から筋肉にいることもあります。

アニサキス 食中毒

・年間100人以上がアニサキスによる食中毒にかかっています。
・特に、カツオやサバ、サワラなどが多いです。

2019年は400人以上がアニサキスにやられています。

アニサキス なぜ食中毒になるのか

・人間がアニサキスの寄生している魚を生で食べる。
・人間の胃や腸にアニサキスが入り、穴を開けて食中毒を引き起こす。

アニサキスが、引き起こす食中毒をアニサキス症と言います。

アニサキスが胃腸に穴を開ける際に、激痛が走り、嘔吐します。

アニサキス 症状

アニサキス症には2つあります。

で分かれています。

急性胃アニサキス症

・アニサキスが胃に入った時の食中毒です。

90%の人がこの症状です。

ご飯を食べてから2時間~10時間後に、お腹の激しい痛みや胃のむかつき、嘔吐があります。

 

もし夕飯にアニサキスを食べたら、夜中に痛みが出始めます。

急性腸アニサキス症

・アニサキスが腸に入った時の食中毒です。

10%以下の人がかかりますが、滅多にありません。

こちらは少し長く、食後2時間~数日後に下腹部の痛み、腹膜炎の症状が出ます。

アニサキス アレルギー

・アニサキスが原因でアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあります。

アナフィラキシーショックは、ハチや毒性の魚に刺された時に死ぬ可能性のあるアレルギー反応です。

一回目は無症状でも、2回目以降にこの反応が出ると重症化します。

 

近年、サバアレルギーや青魚アレルギーは、アニサキスが原因ではないかと言われています。

アニサキス 痛みはいつまで続くのか

・何もしなかった場合、4日~5日で痛みは治ります。

アニサキスは、人間の体内では生きられません。

アニサキスは、4日~5日で死にます。

アニサキス 治療

・2020年4月現在、駆虫薬はありません。
・内視鏡的摘出、胃カメラ。
・腸の場合、複雑な場所なら外科手術が必要です。多くの場合は絶食して点滴を打つ治療で治ります。

現在、アニサキスに対する治療薬はありません。

多くは、胃カメラでアニサキスを捕まえて取り除きます。

 

アナフィラキシーショックの場合、救急車などを呼ぶ必要があります。

アニサキスは、酢や塩漬け、醤油やワサビでは死にません。

 

きちんとした対策が必要です。

アニサキス 自分で出来る治療

・正露丸を飲む。

アニサキスは、皿の上などで正露丸の水に付けると動かなくなります。

痛みは和らぎますが、何故効くのか分かっていません。

 

一時しのぎにはなりますが、医者へ行ってきちんとした治療を受けることをおすすめします。

アニサキス 予防方法

・魚を購入する際は、新鮮な魚を選ぶ。すぐに内臓を取り除く。
・内臓を生で食べない。
・目視で確認して、アニサキスを除去してください。

鮮度加熱または冷凍目視チェック3つです。

厚生労働省が推奨する予防方法です。

 

厚生労働省がきちんと対策を出しています。

アニサキス 加熱

・70℃以上または60℃で1分の加熱すれば、アニサキスは死にます。

厚生労働省が推奨する予防方法です。

アニサキスは、加熱処理で死にます。

 

刺身などの生食が、一番危険です。

アニサキス 冷凍

・-20℃で24時間以上の冷凍をすれば、アニサキスは死にます。

厚生労働省が推奨する予防方法です。

アニサキスは、冷凍処理でも死にます。

 

もしどうしても刺身で食べたい場合は、冷凍してから食べることをおすすめします。

刺身を薄く切ることもアニサキス予防になります。

アニサキス 海外の対処法

・コーデックス CAC/RCP52-2003
中心部の加熱(60℃で1分)又は冷凍(-20℃で24時間)

・米国 Fish and Fishery products Hazards and Control Guidance -4th Edition
生食用の魚は、-35 ℃以下で15時間以上又は -20℃以下で7日間以上等の冷凍

・EU Regulation (EC) No 853/2004
生食用の魚介類は、-35℃で15時間以上又は-20℃で24時間以上の冷凍

厚生労働省からの引用

厚生労働省がきちんと対策を出しています。

アニサキスの症状と治療法 まとめ

・アニサキスは重症化することもある危険な寄生虫です。
・対策や予防方法が分かっていれば安心できます。

アニサキスは、何度か見たことありますが直ぐに分かります。

もしヤバそうだと思ったら、焼いたりフライにすれば確実にアニサキスは死にます。

 

アニサキスは、簡単な予防方法で防ぐことが出来ます。

料理も正しい知識があると、安全に美味しく頂けます。

 

旬の魚の一覧表はこちら↓

旬の魚 一覧表 各月ごとの旬の魚が分かります。
どうも!でら釣りのはくです。 今回は旬の魚 一覧表をご紹介いたします。 旬の魚は、覚えられないほどいっぱいいます。 そして、北海道と沖縄では旬がズレます。 北と南で距離があるので、旬の魚も変わってきま...

日本の魚介類ブランドこちら↓

日本の魚介類ブランド一覧表 北海道から沖縄まで
どうも!でら釣りのはくです。 今回は日本の魚介類ブランド一覧をご紹介いたします。 以前、好適環境水という魔法の水についてご紹介させていただきました。 その時、目に入った魚のブランドや名産品などが気になって調べてみま...

魚のウイルスとその種類について 過去に大量死を引き起こしたウイルスもあります↓

魚のウイルスと種類について 過去には大量死した事件も有ります。
どうも!でら釣りのはくです。 今回は、魚のウイルスについてご紹介いたします。 2020年3月現在、新型コロナウイルスが流行っています。 人間界だけでなく、魚にもウイルスが流行ったことがあります。 記憶...