FLWマーティン湖 Day5 2020年 第3戦 優勝者インタビュー

スポンサーリンク
FLWマーティン湖5日目2020年釣り日記

どうも!でら釣りのはくです。

FLWマーティン湖Day5優勝者インタビューがYOUTUBEにあがっています。

 

この企画は本当に面白い。

大会の後にも楽しみがあるのは、ファンとして凄い嬉しいです。

 

※マーティン湖のネタバレがあります。

FLWマーティン湖 2020年とは

・2020年3月18日~21日にマーティン湖で開催されました。

コロナウイルス対策で会場に人はいませんでしたが、試合は無事に開催されました。

ラージとスポッツのどちらを釣るかがポイントでした。

 

選手たちの個性が出た試合でした。

FLWマーティン湖 5日目

・FLWとタックルウェアハウスの共同企画です。

タックルなどもキチンと紹介されているのは、タックルウェアハウスのお陰です。

FLWマーティン湖 5日目の内容

まずは、朝一のスキニーディッパーを巻いていた場所からスタートです。

Day2とDay3でビッグラージを釣っていた釣り方です。

 

全てスキニーディッパーで釣っていたので、この釣りにかなり自信があったようです。

スキニーディッパーをサーチベイトとして使っていました。

 

スキニーディッパーを選んだ理由

・レアリーウルトラクリアレイク。
・カバー周りの釣り。
・プラクティス期間から釣れていた。
・同じリアクションイノベーションズのスタッフである別の選手も釣っていた。

だから、スキニーディッパーを使っていました。

その後、スポッツ狙いのベッド釣りでも使っていました。

 

ドッグ周りよりもカバーを狙ったのは、天気が曇りでドッグに陰がなかったからです。

場所について、プラクティス期間中はマッディウォーターにいたそうです。

 

しかし、クリアとマッディ、ディープが絡むエリアを探してなんとか大会に間に合いました。

スキニーディッパーで狙ったレンジは、15ft(4.5m)~18ft(5.4m)の3ft(1.2m)~3ft6inch(1.35m)です。

 

リールの巻く速度が速かったのは、クリアレイクである事と多くのカバーを攻めるためスピードが必要でした。

そのために、ギア比7.1:1を使っていました。

 

特に、シャローエリアの倒木がある場所を何回も攻めていたそうです。

ここで、いきなりMCが釣りました。

 

しかも良いサイズで3lbはありそうです。

やっぱり、FLWプロは凄いですね。

 

人に釣らせるのは、かなり難しいです。

 

続いて、フローティングワームのエリアです。

あのデカいキーパーを釣った場所です。

 

ドッグ周りで水質が赤褐色の場所です。

10時~10時30分にかけて影が無くなる場所で、そこにデカいメスバスがいることが分かったそうです。

 

しかも、プリスポーンのメスバスです。

暖かくなるとシャローへ行く個体がいる場所です。

 

他よりも、僅かにプレッシャーが低くて釣り易いから選んだそうです。

水深が2ft(60㎝)もない場所です。

 

しっかりとパワーポールでポジションして、暖かくなる場所をひたすら釣っていました。

フローティングワームのアクションは、水面直下をトゥイッチで使っています。

 

一番バイトがあったのは、2ftで1回~2回アクションしてすぐにバイトが多かったそうです。

カラーは、オレンジ系です。

 

ドッグを狙っていた時は、バイトが少なかったそうです。

しかし、4lb~5lbを釣っていました。

 

少ないチャンスをものにしています。

トーナメントで勝つまで、プロアングラーとしての葛藤や才能についてなど色々考えたそうです。

 

初めてのFLWでの勝利なので猶更ですね。

ジェイソン・アブラム選手、本当に優勝おめでとうございます。

 

終始、MCの質問に丁寧に答えてくれる優しい方です。

FLWマーティン湖 ウィニングタックル

スキニーディッパーを巻いていたタックル
ベイトロッド:G. Loomis NRX 7ft1inch MH
リール:Shimano SLX 7.2:1
ライン:Sunline fluorocarbon 14lb
フローティングワームのタックル
スピニングロッド:G. Loomis NRX 6ft8inch
リール:Daiwa Procyon
フック:Gamakatsu EWG 3/0
PEライン:Sunline braid 16lb
リーダー:Sunline Sniper 12lb

FLWマーティン湖 ウィニングルアー

・Reaction Innovations Skinny Dipper レモンカラー
・Reaction Innovations Flirt Worm オレンジカラー テストカラー

見事にメーカーの強みをアピールしました。

試合もそうですが、魅せ方も最高でした。

FLWマーティン湖 5日目 まとめ

・ジェイソン・アブラム選手は、試合中の熱い様子とは違い、丁寧で優しく教えてくれる紳士。
・しっかり釣って、スポンサーアピールもきちんとする本当のプロアングラー。

これこそ、一流のプロアングラーです。

最後の最後まで、諦めずに戦い抜いた姿は格好良かったです。

 

今後も、ジェイソン・アブラム選手の活躍に期待が高まります。

 

FLWマーティン湖2020年第3戦 実況3日目&4日目はこちら↓

FLW マーティン湖 3日目 2020年の第3戦 実況です。
どうも!でら釣りのはくです。 FLWマーティン湖の3日目の実況です。 2020年の第3戦目になります。 フィールドからして前回とは、全然違う展開になりそうです。 さっそく、実況していきます。 ※注意...
FLW マーティン湖 4日目最終日 2020年 第3戦
どうも!でら釣りのはくです。 FLWマーティン湖の4日目です。 2020年の第3戦目の最終日です。 昨日は上位10位が激しい争いを繰り広げました。 今日はどうなるのでしょうか。 さっそく、実況し...

FLWにスケジュール変更がありました。コロナウイルスの影響です↓

FLWのスケジュール変更 2020年4月と6月が変更です。
どうも!でら釣りのはくです。 FLWの2020年スケジュールに変更がありました。 コロナの影響でしょうか。 釣りエサにもコロナの影響が出ているので心配です。 FLW スケジュール変更 第4戦 ハートウェル湖(L...