スローループの聖地をご紹介

スポンサーリンク
スローループの聖地釣り日記

どうも!でら釣りのはくです。

スローループの聖地をご紹介致します。

 

聖地とは、アニメや漫画に登場する場所や建物の事です。

魅力あふれる作品の聖地を周って、釣りをしてみるのも面白いかもしれません。

 

それでは、さっそくご紹介させていただきます。

 

追記 2021年8月24日
PVが公開されました。
やっぱり、絵が動くと少し感動しますね。

スローループとは

スローループ第1巻から第3巻

・釣りをしたことない女子高生とフライフィッシングしかしたことない女子高生が釣りを通じて成長する青春釣り漫画です。

スローループは、釣りをしたことない人でも楽しめる作品です。

フライフィッシングのことを分かり易く、面白く説明してくれるので違和感なく楽しむことが出来ます。

 

フライで女子高生と言う、最初は考えられない組み合わせのマンガでした。

しかし、実際に読んでみたら、面白くて一気に読んでしまいました。

 

色んな所でブームが起きて、あっという間にアニメ化です。

1年10ヶ月でアニメ化決定です。

 

放課後ていぼう日誌は、第5巻の丁度2年目でアニメ化しました。

スローループは、かなり早いです。

 

それだけ期待されている作品です。

スローループ 舞台

・関東を中心とした物語。

スローループの舞台は、関東が中心となっています。

海や山など、関東ならではの管理釣り場の多さなど、色んなフィールドが出てきます。

観音崎京急ホテルと観音崎海水浴場の中間の堤防 初めて小春と合った堤防

・観音崎海水浴場の北にあります。
・ひよりちゃんが初めて小春と出会った堤防です。
・新しい父親と気まずくなって走って向かったのもこの堤防です。

・小春とアジ釣りをしたのもこの堤防です。

スローループで一番良く登場する堤防です。

始まりの場所でもあります。

フライフィッシングショップ・ハーミット 恋ちゃんのお店

・ひよりちゃんの幼馴染の恋ちゃんのお店です。
・作品内ではパーミットとして登場。

作中でも登場するフライフィッシング専門店です。

現実でも、フライフィッシング専門店として営業されています。

灯台へ行く途中の道 観音崎京急ホテルから東へ行った県道209号

・観音崎京急ホテルと観音崎海水浴場の中間です。

灯台へ行く途中の道です。

実際に、観音埼灯台まで歩いて15分程度で行くことが出来ます。

観音埼灯台 ひよりちゃんと小春ちゃんが登った灯台

・恋ちゃんのお店の後に寄った灯台です。

この灯台を上ると、実際に2人と同じ景色を見ることが出来ます。

京急の横須賀中央駅東口改札 恋ちゃんがお母さんを待っていた駅の入口

・作中で恋ちゃんが、お母さんを待っていた駅の改札です。

公告の柱に恋ちゃんが寄りかかっていました。

つり幸 二葉ちゃんの実家の船宿 つり福

・つり幸 釣りの船宿さんです。
・作中では『つり福』として登場。

確信はありませんが、名前や景観から似ていると思います。

うみファーム 海農場

・横浜八景島シーパラダイスにある釣って食べる施設です。
・作中では『海農場』として登場。

うみファームは、食育の場としてシーパラダイスが作った施設です。

作中では、皆仲良くアジを釣ってアジバーガーを食べていました。

BASE CAMP シイラを持ち込んだお店 ベースフィールド

・BASE CAMP 水道橋にあるアウトドアをコンセプトにしたカフェです。
・作中では『ベースフィールド』という名前で出ています。

作者のうちのまいこ先生とBASE CAMPのA-sukeさんは友人同士です。

A-sukeさんのYOUTUBEでは、うちのまいこ先生をインタビューしています。

 

スローループ裏話などを話しています。

分からない場所

・ひよりちゃんと小春が通う高校
・小春が始めて行った管理釣り場
・湖でのボート釣りキャンプ
・ひよりちゃんと小春ちゃんのバイト先
・二葉ちゃんたちと行った渓流の管理釣り場
・二葉ちゃんたちが釣りをした磯場
・シイラのフライフィッシングの釣船
・ひよりちゃんの母の実家の渓流

分からない場所が結構あります。

アニメ化したら具体的になるかもしれません。

 

もしかしたら、架空の場所かもしれません。

スローループの聖地 まとめ

・関東中心なので、交通の便利さが良い。
・分かり易い場所と分かり辛い場所がハッキリとしています。

スローループの聖地は、分かるか分からないかハッキリとしています。

今後、アニメ化でどれだけ分かるのか気になります。

 

そして、関東中心なので気軽に行けます。

交通の便利さもあると助かります。

 

ここまで、お読み頂きありがとうございます。

それでは、よいフィッシングライフを!